フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 父島大村街上所見 五首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 荒寥地方 萩原朔太郎 »

2013/08/02

沿海地方から 萩原朔太郎 (「沿海地方」初出形)

 

  沿海地方から

 

馬や駱駝のあちこちする

光線のわびしい沿海地方にまぎれてきた。

交易をする市場はないし

どこで毛布(けつと)を賣りつけることもできはしない。

店鋪もなく

さびしい天幕が砂地の上にならんでゐる。

どうしてこんな時刻を通行しやう

土人のおそろしい兇器のやうに

いろいろな呪文がそこらいつぱいにかかつてしまつた。

景色はもうろうとして暗くなるし

へんてこなる砂風(すなかぜ)がぐるぐるとうづをまいてる。

どこにぶらさげた招牌(かんばん)があるではなし

交易をしてどうなるといふあてもありはしない。

いつそぐだらくにつかれてきつて

白砂の上にながながとあほむきに倒れてゐやう。

さうして色の黑い娘たちと

あてもない情熱の戀でもさがしに行かう。

 

[やぶちゃん注:『新潮』第三十八巻第六号・大正一二(一九二三)年六月号に掲載された。「通行しよう」「つかれてきつて」「あほむきに」「ゐやう」は総てママ。後に第一書房版「萩原朔太郎詩集」(昭和三(一九二八)年三月刊)などに改訂して載り、更に「定本靑猫」(昭和一一(一九三六)年版畫莊刊)に所収されたものが最終形として人口に膾炙する。以下に示す。

 

 沿海地方

 

馬や駱駝のあちこちする

光線のわびしい沿海地方にまぎれてきた。

交易をする市場はないし

どこで毛布(けつと)を賣りつけることもできはしない。

店舗もなく

さびしい天幕(てんまく)が砂地の上にならんでゐる。

どうしてこんな時刻を通行しよう!

土人のおそろしい兇器のやうに

いろいろな呪文がそこらいつぱいにかかつてしまつた。

景色はもうろうとして暗くなるし

へんてこなる砂風(すなかぜ)がぐるぐるとうづをまいてる。

どこにぶらさげた招牌(かんばん)があるではなし

交易をしてどうなるといふあてもありはしない。

いつそぐだらくにつかれきつて

白砂の上にながながとあふむきに倒れてゐよう。

さうして色の黑い娘たちと

あてもない情熱の戀でもさがしに行かう。

 

太字「いつぱい」は底本では傍点「ヽ」。但し、原稿の本詩の定形(筑摩書房版全集校訂本文版)では第一書房版「萩原朔太郎詩集」所収のものを採用して「店舗」は「店鋪」となっている。

 しかし、実は萩原朔太郎が最後にこの詩を採録したのは「宿命」(昭和一四(一九二九)年創元社刊)であった。ところが筑摩版全集はこれを「宿命」の本文としては編集方針に拠って省略している。では、それは他の何れか全く同一かと言えば――実はかなり違う――のである。以下に示す(底本校異によって再現したものである)。

 

 沿海地方

 

馬や駱駝のあちこちする

光線のわびしい沿海地方にまぎれてきた。

交易をする市場はないし

どこで毛布(けつと)を賣りつけることもできはしない。

店鋪もなく

さびしい天幕(てんまく)が砂地の上にならんでゐる。

どうしてこんな時刻を通行しよう

土人のおそろしい兇器のやうに

いろいろな呪文がそこらいつぱいにかかつてしまつた。

景色はもうろうとして暗くなるし

へんてこなる砂風(すなかぜ)がぐるぐるとうづをまいてる。

どこにぶらさげた招牌(かんばん)があるではなし

交易をしてどうなるといふあてもありはしない。

いつそぐだらくにつかれきつて

熱砂(ねつさ)の上にながながと倒れてゐよう。

さうして色の黑い娘たちと

あてのない情熱の戀でもさがしに行かう。

 

太字「ぐだらく」は底本では傍点「ヽ」。

 さて――則ち、真の最終形は実はこれであったのだ。――が、現在の多くの読者はこの詩形を見ることがない。――これは正当にして正統なこと――だろうか?

 因みに私は、個人的に萩原朔太郎の「~地方」という詩題に対して、ランボーが遠い砂漠に吸い寄せられていった如き、無条件の麻薬的誘惑を感じる。だからこそ、この見られることがない最終形には、妙な孤独な共感を覚えるのである……。]

 

« 父島大村街上所見 五首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 荒寥地方 萩原朔太郎 »