フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 月に照らされる年齡 大手拓次 | トップページ | 昨日のブログ・アクセスの特異点 »

2013/08/16

赤と白と靑と黄の歌――福島コレクション展観 五首 中島敦

    赤と白と靑と黄の歌

      ――福島コレクション展觀――
 

[やぶちゃん注:「福島コレクション」美術評論家で収集家であった福島繁太郎(明治二八(一八九五)年~昭和三五(一九六〇)年)のコレクション。パリに長く定住し、ドラン・ルオー・ピカソ・マティス等の現代絵画の作家たちの優れた作品を蒐集、一時は百点以上に達したが、これを「福島コレクション」と称する。この大部分は日本にもたらされ、日本現代美術史上に大きな影響を与えたとされる(昭和三〇(一九五五)年四月の『みづゑ』臨時増刊「旧福島コレクション」には七十六点が掲載されている)。また彼はパリで評論家ワルドマー・ジョルジュを主幹とした高級美術雑誌『Formes』を昭和三(一九二八)年から数年発行し、新人を発見することに努めた。これは戦後の銀座での「フォルム画廊」の経営で、有望な新人を育成したことに繋がっている(以上は主に東京文化財研究所発行「日本美術年鑑」に拠った)。]



   
  
  

モディリアニの裸婦(らふ)赤々と寐そべりて六月の午後を狂ほしく迫る
 

[やぶちゃん注:これは恐らく旧福島コレクションのモディアーニの「髪をほどいた横たわる裸婦」一九一七作)である(リンク先は大阪市立近代美術館のギャラリー・ページ。画像有)。]
  

  



ユトリロの白をつくづく目守(まも)りけり病院横の建物の白
  
  



ユトリロの心に栖みし白き影人無き街のこの白き影
  
  



[やぶちゃん注:これらの作品は同定出来なかったが(私は所持しないが、「旧福島コレクション」(美術出版社一九五五年刊)で同定は可能)、小熊秀雄の「大観とユトリロ」の中に、『福島コレクションでみた展覽会で見たユトリロは、その作品の制作方法の精神的段階が、あまりに日本的であつたので、私は吃驚りしたことがある。しつとりとしたやり方なのである。日本の洋畫家が、投げつけるやうに油繪をぬつたくる方法とは、まるでちがつてゐた。』という評言があるのを見出したので附言しておく。]


  
  

ルヲー畫(か)く靑き道化もキリストもある日の我に似たりと思ふ


  

[やぶちゃん注:「道化」の方は現在、ブリジストン美術館道化」一九二五作)である。同美術館には同じルオーの郊外キリスト」(一九二〇~一九二四が収蔵されているが、後者はこれか?(リンク先は同美術館公式サイト内のコレクション画像)。]


  
  

ふらんすの若き女が黄の縞の衣裳(きぬ)の明るさマティス憎しも


  

  
[やぶちゃん注:太字「ふらんす」は底本では傍点「ヽ」。特徴的な絵のようだが、ネットの画像検索では行き当たらない。本歌群総ての絵画作品について識者の御教授を乞うものである。]

« 月に照らされる年齡 大手拓次 | トップページ | 昨日のブログ・アクセスの特異点 »