フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沼澤地方 萩原朔太郎 (初出形 附 改稿3種) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 22 皇居 / 東京大学の研究室の下見 »

2013/08/02

猫の死骸 萩原朔太郎 (初出形 附 改稿3種)

 

 猫の死骸

 

海綿(かいめん)のやうな景色(けしき)のなかで

しつとりと水氣(すゐき)にふくらんでゐる。

どこにも人畜(じんちく)のすがたは見えず

へんにかなしげなる水車(すゐしや)が泣(な)いてゐるやうす。

さうして朦朧(もうろ)とした柳(やなぎ)のかげから

やさしい待(まち)びとのすがたが見(み)えるよ。

うすい肩(かた)かけにからだをつつみ

びれいな瓦斯體(がすたい)の衣裳をひきづり

しづかに心靈(しんれい)のやうにさまよつてゐる

ああ 浦(うら) さびしい女(をんな)!

「あなた いつも遲いのね」

ぼくらは過去(くわこ)もない未來(みらい)もない

さうして現實のものから消(き)えてしまつた。……

浦(うら)!

このへんてこに見(み)える景色(けしき)のなかへ

泥猫(どろねこ)の死骸(しがい)を埋(うづ)めておやりよ

 

[やぶちゃん注:『女性改造』第三巻第八号・大正一三(一九二四)年八月号に掲載された。「ひきづり」はママ。太字「現實のもの」は底本では傍点「●」。但し、「うすい肩(かた)かけにからだをつつみ」は底本では「うすい肩(かた)かけるからだをつつみ」であるのは、後の採録版から誤植として訂した。後に第一書房版「萩原朔太郎詩集」(昭和三(一九二八)年三月刊)及び「定本靑猫」(昭和一一(一九三六)年版畫莊刊)などに、先に示した「沼澤地方」に一緒に連続して所収された(この詩が先)が、真の最終形はやはり「宿命」(昭和一四(一九二九)年創元社刊)である。初出公開に半年ほどの差があるが(こちらが早い)「沼澤地方」と同じ「浦」という女性が登場する。以下三種をすべて示す(「宿命」版は底本の校異によって推定復元した)。

   *

【第一書房「萩原朔太郎詩集」版】

 

 猫の死骸

 

海綿のやうな景色のなかで

しつとりと水氣にふくらんでゐる。

どこにも人畜のすがたは見えず

へんにかなしげなる水車が泣いてゐるやうす。

さうして朦朧とした柳のかげから

やさしい待びとのすがたが見えるよ。

うすい肩かけにからだをつつみ

びれいな瓦斯體の衣裳をひきずり

しづかに心靈のやうにさまよつてゐる。

ああ浦 さびしい女!

「あなた いつも遲いのね」

ぼくらは過去もない 未來もない

さうして現實のものから消えてしまつた……

浦!

このへんてこに見える景色のなかへ

泥猫の死骸を埋めておやりよ。

 

   *

太字「現實のもの」は底本では傍点「●」。

   *

【「定本靑猫」版】

 

 猫の死骸
     
ula と呼べる女に

海綿のやうな景色のなかで

しつとりと水氣にふくらんでゐる。

どこにも人畜のすがたは見えず

へんにかなしげなる水車が泣いてゐるやうす。

さうして朦朧とした柳のかげから

やさしい待びとのすがたが見えるよ。

うすい肩かけにからだをつつみ

びれいな瓦斯體の衣裳をひきずり

しづかに心靈のやうにさまよつてゐる。

ああ浦 さびしい女!

「あなた いつも遲いのねえ。」

ぼくらは過去もない 未來もない

さうして現實のものから消えてしまつた…………

浦!

このへんてこに見える景色のなかへ

泥猫の死骸を埋めておやりよ。

 

   *

「現實のものから」には傍点がない。

   *

【「宿命」版】

 

 猫の死骸
     
Ula と呼べる女に

 

海綿(かいめん)のやうな景色のなかで

しつとりと水氣にふくらんでゐる。

どこにも人畜のすがたは見えず

へんにかなしげなる水車が泣いてゐるやうす。

さうして朦朧とした柳のかげから

やさしい待びとのすがたが見えるよ。

うすい肩かけにからだをつつみ

びれいな瓦斯體の衣裳をひきずり

しづかに心靈のやうにさまよつてゐる。

ああ浦(うら) さびしい女!

「あなた いつも遲いのねえ!」

ぼくらは過去もない未來もない

さうして現實のものから消えて了つた……

浦!

このへんてこに見える景色のなかへ

泥猫の死骸を埋めておやりよ。

 

   *

太字「現實のもの」は底本では傍点「◎」。微細な違いながら、私は今や目に触れることが滅多にない「宿命」版こそが、本詩のベストであると思うのである。]

 

« 沼澤地方 萩原朔太郎 (初出形 附 改稿3種) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 22 皇居 / 東京大学の研究室の下見 »