フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« マリイ・ロオランサンの杖 大手拓次 | トップページ | イコンとしての杖――富田木歩偶感   藪野直史 »

2013/08/15

菠薐草(スピネツヂ)の歌 五首 中島敦、ポパイを詠う

中島敦の短歌を読んでゆくと「山月記」の中島敦のイメージが眼を見開かすような眩しい極彩色で塗り替えられてゆく。――今度は――中島敦、ポパイを詠う――である


    菠薐草(スピネツヂ)の歌

早口のポパイが泣き濁聲(だみごゑ)を土曜の午後に聞けば樂しき

老水夫ポパイが踊るシュトラウスのワルツ阿修羅の如くなりけり

ジャングルにポパイが象の鼻をつかみ麻幹(をがら)の如く振り廻しけり

打ちのめされてやをら取出す菠薐草(スピネツヂ)俄然ポパイは力充(み)ち滿つ

スクリィンの漫畫消えつゝ響くなる‘I am Popye, the sailor-man.(アイ・アム・ポパイ・ザ・セイラア・マン)’

[やぶちゃん注:ウィキの「ポパイ」によれば、ポパイは一九二九年にアメリカの漫画作家エルジー・クリスラー・シーガー(Elzie Crisler Segar)により、「シンブル・シアター(Thimble Theatre)」というコミック作品の中で生み出されたキャラクターで、初めは主人公のハム・グレイヴィ(Ham Gravy)とその恋人オリーブ・オイル(Olive Oyl)・オリーブの兄カスター・オイル(Castor Oyl)が中心の漫画で、オリーブ達よりも十年遅れて登場したポパイは当初脇役であったが、何をやっても不死身な所から一躍人気キャラクターとなり、ハムの主役の座とその恋人オリーブを瞬く間に奪い去ってしまった。一九三〇年代に入ると、同作の短編アニメ(カートゥーン)映画がフライシャー・スタジオによって次々と制作されるようになった。今日知られるポパイはこのアニメ版といっても過言ではない、とある。本歌稿の成立時期は昭和一二(一九三七)年前後であり、中島が映画館でみたそれは、英語版ウィキ“Popeye the Sailor filmography (Fleischer Studios)にリストされたどれかであると考えてよい。「シュトラウスのワルツ」「ジャングルにポパイが象の鼻をつか」むが同定のキー・ワードである。「I am Popye, the sailor-man.(アイ・アム・ポパイ・ザ・セイラア・マン)’」の部分は底本では横書英文本文右に( )内のルビが縦書で振られている。]

« マリイ・ロオランサンの杖 大手拓次 | トップページ | イコンとしての杖――富田木歩偶感   藪野直史 »