フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 60 異形の者の笠置の解脱上人を訪なふ語(こと) | トップページ | 鬼城句集 夏之部 菖蒲 »

2013/08/27

遊園地にて 萩原朔太郎 (初出形)

 遊園地にて

遊園地(ルナパーク)の午後なりき
樂隊は空に轟(とゞろ)き
風船(ふうせん)は群集の上を飛び交(か)へり。
今日の日曜(にちえう)を此所に來りて
君と模擬飛行機の座席(ざせき)に乘れど
側(かた)へに思惟(しい)するものは寂しきなり。
なになれば優しき瞳(ひとみ)に
君の憂愁(いうしう)をたたえ給ふか。
見(み)よ この廻轉する機械(きかい)の向ふに
一つの地平(ちへい)は高く揚(あが)り、また傾き、沈(しづ)み行かんとす。
われ既にこれを見(み)たり
いかんぞ人生(じんせい)を展開せざらむ。
今日(こんにち)の果敢なき憂愁を捨(す)て
飛べよかし! 飛(と)べよかし!

明(あか)るき五月の外光の中(うち)
嬉(き)々たる群集(ぐんしふ)の中に混りて
二人(ふたり)模擬飛行機の座席にのれど
側(かた)へに思惟するものは寂(さび)しきなり。

[やぶちゃん注:『若草』第七巻第七号・昭和六(一九三一)年七月号に掲載された。「思惟」のルビ「しい」、「優秀をたたえ給ふか」の「え」、「廻轉」の「廻」(正字でない)はママ。後の昭和九(一九三四)年第一書房刊「氷島」に所収されるが、その際、以下のように改稿されている。

 遊園地(るなぱあく)にて

遊園地(るなぱあく)の午後なりき
樂隊は空に轟き
廻る轉木馬の目まぐるしく
艶めく紅(べに)のごむ風船
群集の上を飛び行けり。

今日の日曜を此所に來りて
われら模擬飛行機の座席に乘れど
側へに思惟するものは寂しきなり。
なになれば君が瞳孔(ひとみ)に
やさしき憂愁をたたえ給ふか。
座席に肩を寄りそひて
接吻(きす)するみ手を借したまへや。

見よこの飛翔する空の向ふに
一つの地平は高く揚り また傾き 低く沈み行かんとす。
暮春に迫る落日の前
われら既にこれを見たり
いかんぞ人生を展開せざらむ。
今日の果敢なき憂愁を捨て
飛べよかし! 飛べよかし!

明るき四月の外光の中
嬉々たる群集の中に混りて
ふたり模擬飛行機の座席に乘れど
君の圓舞曲(わるつ)は遠くして
側へに思惟するものは寂しきなり。

「廻轉木馬」の「廻」は(えんにょう)の上の「回」は「囘」で正字であるが、ブログでは表示出来ない。「たたえ」の「え」はママ。
 所謂、詩集「氷島」に相応しい絶対零度まで詩想を冷却しているのは、寧ろ初出のように私には感じられる。萩原朔太郎は「自作詩の改作について」で自身、改作の悪弊を語っているが、彼自身の改作もご多聞に洩れず、私は改悪されたものの方が多いという気がしている。]

« 栂尾明恵上人伝記 60 異形の者の笠置の解脱上人を訪なふ語(こと) | トップページ | 鬼城句集 夏之部 菖蒲 »