フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 歸航の途次八丈に寄る 八重根港に上陸、直ちに野天にて牛乳の饗應を受く 二首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 15 恵比寿楼 »

2013/08/07

無用の書物 萩原朔太郎 (初出形)

 

 無用の書物
      (虛妄の正義の序詩として)

蒼白の人
路上に書物を賣れるを見たり。
肋骨(あばら)みな瘠せ
軍鷄(しやも)の如くに呌べるを聽く。
われはもと無用の人
これはもと無用の書物。
一錢にて人に賣るべし。
冬近き日に袷を着て
われの窮乏は醋えはてたり。
風邪吹く巷に行人散り
古き友情さへも我れを知らず。
いかなれば淚を流して
かくも黃色く古びたる紙頁の上に
わが情熱するものを情熱しつつ
さびしき宇宙を獨り語らむ。
ああ我はわれはもと無用の人
無用の書物を街に賣るべし。

 

[やぶちゃん注:『文藝春秋』第八巻第一号・昭和五(一九三〇)年一月号に掲載された。副題に「虛妄の正義の序詩として」とあるが、昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虛妄の正義」には本詩は掲載されていない。後の昭和九(一九三四)年第一書房刊の「氷島」に所収される「無用の書物」の初出形であるが、「氷島」では、

 

 無用の書物

蒼白の人
路上に書物を賣れるを見たり。
肋骨(あばら)みな瘠せ
軍鷄(しやも)の如くに叫べるを聽く。
われはもと無用の人
これはもと無用の書物
一錢にて人に賣るべし。
冬近き日に袷をきて
非有の窮乏は酢えはてたり。
いかなれば淚を流して
かくも黃色く古びたる紙頁(ぺえぢ)の上に
わが情熱するものを情熱しつつ
寂しき人生を語り續けん。
われの認識は空無にして
われの所有は無價値に盡きたり。
買ふものはこれを買ふべし。
路上に行人は散らばり去り
烈風は砂を卷けども
わが古き感情は叫びて止まず。
見よ! これは無用の書物
一錢にて人に賣るべし。

 

と改稿されている。]

« 歸航の途次八丈に寄る 八重根港に上陸、直ちに野天にて牛乳の饗應を受く 二首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 15 恵比寿楼 »