フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 四月の日 大手拓次 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 卯の花 »

2013/08/13

眞珠の歌 六首 中島敦

    眞珠の歌
天鵞絨の黑き褥(しとね)に白珠(しらたま)はつぶらくに竝びしづもる
天鵞絨は褶(ひだ)を豐かに陰(かげ)つくるふかぶかとして沈む白珠
[やぶちゃん注:「ふかぶか」の後半は底本では踊り字「〲」。]
天鵞絨のけばのことごと艷めきて白珠の色盛り上りくる
[やぶちゃん注:「ことごと」の後半は底本では踊り字「〲」。]
白鈍(しろにび)に光消ちつゝ阿古屋珠(あこやだま)黑艷絹(くろつやぎぬ)の底にしづもる
白珠の光はうちにこもらふか蟲靑(むしあを)帶(お)びし乳霞色(ちちがすみいろ)
[やぶちゃん注:「蟲靑」「むしあを(むしあお)」という訓から考えると、襲(かさね)の色目(いろめ)の一名である「虫襖(むしあを)」のことか。表は青黒、裏は二藍(ふたあい)または薄色であるが、これ自体が玉虫の羽根のような暗い青みの緑色をも指す。古くは「靑(あを)」とは空や海の色を表す現在の青色系を指す場合と、草木などの緑色系の色を指す場合とがあり、この場合は真珠の色が孕む後者の雰囲気を指すのであろう。]
かぐろなす艷々絹(つやつやぎぬ)に白珠の五百箇統(いほつすばる)は見れど飽かぬかも
[やぶちゃん注:「五百箇統」多くの玉を糸に貫いたものを指す上代語。「古事記」に於いて天照大神と建速須佐之男命(すさのを)の神産み比べのシーンで建速須佐之男命は天照大神が頭髪と腕に巻いていた八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいほつみすまる)を貰い受けて噛み砕き、吹き出した息の霧から五柱の男神を生んでいる。ここは無論、ネックレスのこと。]

« 四月の日 大手拓次 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 卯の花 »