フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 少年と裏山に登りて 十首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 鬼城句集 夏之部 蛇の衣 »

2013/08/01

小出新道 萩原朔太郎 (附自註 初出形)

 小出新道

ここに道路の新開せるは
直(ちよく)として市街に通ずるならん。
われこの新道の交路に立てど
さびしき四方(よも)の地平をきはめず
暗鬱なる日かな
天日家並の軒に低くして
林の雜木まばらに伐られたり。
いかんぞ いかんぞ思惟をかへさん
われの叛きて行かざる道に
新しき樹木みな伐られたり。

◎小出の林は前橋の北部、赤城山の遠き麓(ふもと)にあり、我れ少年の時より、學校を厭ひて林を好み、常に一人行きて瞑想に耽りたる所なりしが、今その林皆伐られ、樽、樫、撫の類、むざんに白日の下に倒されたり。新しき道路ここにひかれ直として利根川の岸に通ずる如きも、我れその遠き行方を知らず。

[やぶちゃん注:『日本詩人』第五巻第六号・大正一四(一九二五)年六月号に掲載された詩と自註解説。「樽」「撫」「ひかれ」はママ。これがどういう形で同誌に示されていたかは分からないが、カップリングして示した。後に詩集「純情小曲集」(大正一四(一九二五)年八月新潮社刊)の巻末の詩群「郷土望景詩」に所収された際には、同詩群の後に自註を纏めた「郷土望景詩の後に」が附された。そこでは自註には「Ⅳ 小出松林」という標題が附せられて、

 Ⅳ  小出松林

 小出の林は前橋の北部、赤城山の遠き麓にあり。我れ少年の時より、學校を厭ひて林を好み、常に一人行きて瞑想に耽りたる所なりしが、今その林皆伐られ、楢、樫、橅の類、むざんに白日の下に倒されたり。新しき道路ここに敷かれ、直として利根川の岸に通ずる如きも、我れその遠き行方を知らず。

と訂されてある。詩集「氷島」「宿命」にも本詩は所収されるが、大きな改稿はなく、ここでは特に問題にしないこととした。

 私はこの最後の三行の凄絶さをいつも秘かに畏れる。]

« 少年と裏山に登りて 十首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 鬼城句集 夏之部 蛇の衣 »