フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 月に照らされる年齡 大手拓次 | トップページ | 遺傳 萩原朔太郎 (初出形) »

2013/08/17

昔の人の夢の唄 十五首 中島敦――敦、歌舞伎を詠う

    昔の人の夢の唄

 

遠空に富士も見ゆるぞ勘平が今おかる連れ道行のふり

 

[やぶちゃん注:「仮名手本忠臣蔵」四段目「判官切腹」の場と五段目「山崎街道」の場の間に挿入される所作事「道行旅路花聟(みちゆきたびじのはなむこ)」、通称「お軽勘平」。梗概はウィキの「道行旅路花聟」を参照されたい。]

 

格子戸の外に立ちたる頰かむり切られの與三が足の白さよ

 

[やぶちゃん注:世話物の名作「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」、通称「切られ与三」「お富与三郎」「源氏店(げんやだな)」の知られたワン・シーン。梗概はウィキの「与話情浮名横櫛」を参照されたい。]

 

白魚のかゞり火霞む春の夜をお孃吉三の羽左が振袖

 

お待ちなせえ駕籠の中より吉右衞門(はりまや)の聲してお坊吉三いでくる

 

三人の吉三出合ひてだんまりや春の夜更を刻む析(き)の一昔

 

[やぶちゃん注:この三首は「三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)」。梗概や舞台が日本芸術文化振興会製作になる「歌舞伎への誘い」の「三人吉三廓初買」で見られる。]

 

直次郎が傘(かさ)かたむけて覗きゐる雪の入谷の三千歳の寮

 

千日を逢はぬ心地と三千歳が嘆くなりけり春の夜寒を

 

宗俊が黑子(ほくろ)くろんぐろ燈にさえて北村大膳未だいで來(こ)ず

 

[やぶちゃん注:この三首は「天衣紛上野初花(くもにまごううえのはつはな)」。「三千歳」は遊女の名で「みちとせ」と読む。三首目の「くろぐろ」の後半は底本では踊り字「〲」。梗概や写真が日本芸術文化振興会製作になる「歌舞伎への誘い」の「天衣紛上野初花」で見られる。]

 

格子縞の炬燵によりて思ひ入る鴈次郎の眼(め)の切れの長さよ

 

その涙流れて小春汲まんずとあほれおさんが恨み口説くを

 

紀の國や小春樣まゐるさんよりと文(ふみ)の上書讀めば哀しも

 

[やぶちゃん注:この三首は「心中天網島」。鴈次郎は鴈治郎の誤りか。本作(歌舞伎ではその中から見どころを再編した「河庄(かわしょう)」と「時雨の炬燵(しぐれのこたつ)」が主に上演される。ウィキの「心中天網島」に解説がある)の主人公紙屋治兵衛は初代中村鴈治郎(安政七(一八六〇)年~昭和一〇(一九三五)年)の当り役であった。三首目の太字「さん」は底本では傍点「ヽ」。]

 

吉原の春のともし灯(び)入りにけり禿(かむろ)はしれば鈴の音さやか

 

赤面(あかづら)の男之助が見得切りてあゝら不思議と迫(せ)り上りくる

 

飄々と浮かれ坊主が踊りゐるおどけ哀しくをかしかりけり

 

大川の遠書割(とほかきわり)に燈が入れば淸親ゑがくとふと思ひけり

 

[やぶちゃん注:四首とも「伽蘿先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」であろうか(ウィキの「伽蘿先代萩」に梗概や歌舞伎の見せ場が解説されている)。「淸親」は浮世絵師小林清親(きよちか 弘化四(一八四七)年~大正四(一九一五)年)。月岡芳年・豊原国周と共に明治浮世絵の三傑の一人に数えられ、「最後の浮世絵師」「明治の広重」と称された。浮世絵の歴史は清親の死によって終わったともいえる(ウィキの「小林清親」に拠った)。]

« 月に照らされる年齡 大手拓次 | トップページ | 遺傳 萩原朔太郎 (初出形) »