フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 乳白色の蛇 大手拓次 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 7 モースと日本の濫觴 »

2013/09/04

霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦 於ける雨裸徂阜(ウラゾフ) 五首 中島敦

    (以下五首 於雨裸徂阜(ウラゾフ))

[やぶちゃん注:ロシア料理か、それとも前の短歌に詠まれたロシア菓子店と同一か。五首目「禹喇象麸の」の短歌の注も参照のこと。]

ハルピンのキタヤスカイにわが賞(め)でしサモワァル見つこの店にしも

[やぶちゃん注:「ハルピンのキタヤスカイ」不詳。恐らくは昭和十一(一九三六)年八月八日から三十一日までの中国旅行の帰路のハルビンに立ち寄った際のことを言っていると思われるが、「キタヤスカイ」が分からない。地名のようにカタカナ書きであるが、これは何か旅館か店屋(遊廓?)などの屋号のようにも思われるし、またハルビン北方のロシア国境と接する地にかつて「北安省」があったからそれを「北安界」と表記したとも考え得る。識者の御教授を乞う。]

グレゴリイ七世に似る露西亞びと今日も茶を飮みパイプ磨きつ

あんだんてかんたびれなど聞かまほしロシア茶を飮みもの思ひつゝ

[やぶちゃん注:太字は底本では傍点「ヽ」。]

ピロシキは宜しきものかうつたへに吾が喰ひをれば夜ぞ更(くだ)ちける

禹喇象麸の店に茶を飮む宵々を吾師エピクロス咎め給はじ

[やぶちゃん注:「禹喇象麸」は詞書とは違った漢字を恐らくは中島敦が勝手に店名の「ウラゾフ」というロシア語(恐らく人名“Власов”ウラソフ由来)に万葉仮名風に宛てたものであろう。]

« 乳白色の蛇 大手拓次 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 7 モースと日本の濫觴 »