フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「通し狂言 伊賀越道中双六」劇評について(予告) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(9) »

2013/09/17

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 1 イントロダクション

 第二章 日光への旅

 日光への旅行――宇都宮までの六十六マイルを駅馬車で、それから更に三十マイル近くを人力車で行くという旅――は、私に田舎に関する最初の経験を与えた。我々は朝の四時に東京を立って駅馬車の出る場所まで三マイル人力車を走らせた。こんなに早く、天の如く静かな大都会を横切ることは、まことに奇妙なものであった。駅馬車の乗場で、我々は行を同じくする友人達と顔を合わせた。文部省のお役人が一人通弁として付いて行って呉れる外に、日本人が二人、我々のために料理や、荷ごしらえや、荷を担ったり、その他の雑用をするために同行した。我々の乗った駅馬車というのは、運送会社が団体客を海岸へ運ぶ為に、臨時に仕立てる小さな荷馬車に酷似して、腰掛が両側にあり、膝と膝とがゴツンゴツンぶつかる――といったようなものであった。然し道路は平坦で、二頭の馬――八マイルか十マイル位で馬を代える――は、いい勢で走り続けた。
[やぶちゃん注:磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」に(同書七九頁)、『モースは文部学監マレーに誘われ、六月二十九日に東京を出発して日光に向った。浅草から宇都宮までは数箇月前に開通したばかりの馬車、ついで日光までは人力車。東照宮を拝観したのち、中禅寺湖、男体山、湯ノ湖などを回って、貝や昆虫を採集したり、湖や温泉の温度を測定したりした。七月七日に日光鉢石を発ち、野渡(現栃木県野木町)まで人力車、それから利根川を小舟でくだり、翌七月八日に帰京した』とあり、更に、『当時外国人が遊歩地域(居留地より一〇里以内)外に旅行するときには旅行免状が不可欠で、御雇い教師などは旅行後に文部省から太政大臣』(当時は三条実美。彼は日本歴史最後の太政大臣でこの後、太政官制は廃止されて内閣制度が発足、明治一八(一八八五)年十二月二十二日を以って一二〇〇年以上に亙った太政大臣の官職は消滅、三条は内大臣に転じている)『への届け出も必要だった。このときの文部省届は明治十年七月十四日付で出されている』とあって、その届け出(「太政類典」二編八一巻より)が以下に記されてある。雰囲気を味わうために正字に直して以下に掲げておく。

文部省雇學監米人ドクトル、ダビット、モルレー氏儀理學研究ノ爲、奧州街道宇都宮ヲ經テ日光及ビ下野國足尾近邊ノ銅山ニ到リ、尚例幣使街道通リ壬生ニ到リ、夫(ソレ)ヨリ歸京致度旨申出候ニ付、外務省ヘ照會旅行免状付與候處、六月二十九日發程本月八日歸着到候。此段上申候也

なお、磯野先生はこの後に『足尾には行った気配がない』と記されておられ、本書にもそれらしい記載はない。ともかくも、この僅か十日間(移動に時間がかかっているから実質は八日程度)の旅がモースに強烈な印象を与えたことは、本書がこの旅を本章と次の「第三章 日光の諸寺院と山の村落」丸々の二章プラス「第四章 ふたたび東京へ」の前半分まで費やして書かれていることからも明白である。では、我々もモース先生とともに136年前の日光の旅に赴くこととしよう。
「六十六マイル」約106キロメートル。前注した出発地浅草(現在の東武伊勢崎線浅草駅とした)から宇都宮の日光街道が直角に西に曲る追分、宇都宮宿で最も栄えた町の一つである伝馬町までの直線距離は94・8キロメートルであるが、現在の国道4号に沿って計測してみるとズバリ、106キロメートル近くになる。これは地図上の単純な直線距離でなく、走行距離で算出されたものであることが分かる。
「三十マイル」約48・3キロメートル。現在の宇都宮市伝馬町から日光街道を辿ってみると、約40キロ弱であるが、高度があるから範囲内である。
「三マイル」約4・8キロメートル。新橋から浅草までの最短コースにぴったり一致する。
「八マイルか十マイル位」13~16キロメートル。ネット上の記載を見ると、実用馬の場合は無負荷の並足で20~40キロ程度の走行が可能、馬車の場合は時速10キロ程の速度で40キロ(4時間)の連続走行で馬を交換して、一日90キロ程走行していたようであるという記載を見つけた。ここでは相応に複数の乗客を乗せる二頭立ての大型の馬車(モースが比較で言っているのは横浜港で団体の船客を居留地と船着き場間を移動させるために仕立てられた特殊な馬車のように思われる)と思われ、しかも初夏であるから、馬の交換が早いのは納得出来るように私には思われる。なお、後に日光街道には千住から馬車鉄道が敷設されるが、それは明治二二(一八八九)年のことである。]

 朝の六時頃、ある町を通過したが、その町の一通りには籠や浅い箱に入れた売物の野菜、魚類、果実等を持った人々が何百人となく集っていた。野天の市場なのである。この群衆の中を行く時、御者は小さな喇叭(ラッパ)を調子高く吹き鳴らし、先に立って走る馬丁は奇怪きわまる叫び声をあげた。この時ばかりでなく、徒歩の人なり人力事に乗った人なりが道路の前方に現われると、御者と馬丁とはまるで馬車が急行列車の速度で走っていて、そしてすべての人が聾(つんぼ)で盲ででもあるかのように、叫んだり、怒鳴ったりするのである。我々にはこの景気のいい大騒ぎの原因が判らなかったが、ドクタア・マレーの説明によると、駅馬車がこの街道を通るようになったのはここ数ヶ月前のことで、従って大いに物珍しいのだとのことであった。

 この市場の町を過ぎてから、我々は重い荷を天秤棒にかけて、ヨチヨチ歩いている人を何人か見た。大した荷である。私は幾度かこれをやって見て失敗した。荷を地面から持ち上げることすら出来ない。しかるにこの人々は天秤棒をかついで何マイルという遠方にまで行くのである。また一〇マイルも離れている東京まで歩いて買物に行く若い娘を数名見た。六時半というのに、子供はもう学校へと路を急いでいる。時々あたり前の日本服を着ながら、アメリカ風の帽子をかぶっている日本人に出喰わした。薄い木綿の股引きだけしか身につけていない人も五、六人見た。然し足になにもはかない人も多いので、これは別に変には思われなかった。
[やぶちゃん注:「一〇マイル」約16キロメートル。浅草起点で16キロ地点は埼玉県草加市の北当りに相当する。]

« 「通し狂言 伊賀越道中双六」劇評について(予告) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(9) »