フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 落葉のやうに 大手拓次 | トップページ | 飛驒山の質屋とざしぬ夜半の冬 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/09/22

中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(1)

[やぶちゃん注:以下は、底本の「手帳」の部の「昭和十二年」に出現する多量の歌稿草稿。抹消された箇所は取消線で示したが、歌全体が抹消されているものについては読み易さを考え、末尾に【全抹消】という注記を附した。各歌間(私の注を含め)は一行空けとした。底本にある改頁記号は総て省略した。]
       
人間の叡智も愛情(なさけ)も亡びなむこの地球のさだめ悲しと思ふ【全抹消】

人類のほろびの前に凝然と懼れはせねど哀しかりけり【全抹消】

我はなほ人生を愛す冬の夜の喘息の發作苦しかれども【全抹消】

おしなべて愚昧(くら)きが中に燦然と人間のチエの光るたふとし【全抹消】

あるがまま醜きがままに人生を愛せむと思ふ他にみちなし【全抹消】

[やぶちゃん注:……敦よ、その君が「たふと」いと言ったはずの知恵が、君がかく詠んで直ぐに原子力を作り出すのだ……それは君の最初の二首にフィード・バックして響き合う……人間の叡智も愛情も亡びなむこの地球のさだめ悲しと思ふ……人類のほろびの前に凝然と懼れはせねど哀しかりけり……さ、歩こう、預言者――]



……歌の出来不出来とは違う何かが、私にはこの抹消には感じられてならない。……彼は公私ともにこういう歌を詠みたいと思いながら……しかし封印し続けた――し続けねばならなかった――のではあるまいか?……

« 落葉のやうに 大手拓次 | トップページ | 飛驒山の質屋とざしぬ夜半の冬 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »