フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 冬近し時雨の雲も此所よりぞ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(8) »

2013/09/09

耳嚢 巻之七 幽靈を煮て食し事

 幽靈を煮て食し事

 

 文化貮年の秋の事也。四ツ谷のもの夜中用事ありて通行せし道筋に、白き將束(しやうぞく)なせし者先へ立(たち)て行ゆへ樣子を見しに、腰より下は見へず。幽靈と歟(か)いふ者にやと跡をつけて行しが、ふり皈(かへ)りたりし㒵(かほ)大い成(なる)眼ひとつ光りぬれば、拔打(ぬきうち)に切り付(つけ)しに、きやつといふて倒れし。取つておさへ差(さし)殺し見しに、大成(なる)ごひ鷺なればやがてかつぎ返り、若き友達内寄(うちより)て調味してける。是を、幽靈を煮て喰(くらひ)しと專ら巷説なりしと也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:怪談(但し、こちらは「正体見れば」譚)話で連関。ホットな擬怪奇談。私の山の先輩は若い頃に雷鳥を焼いて食ったことがある(美味であった)と聴いたが、サギを食ったという方は知らない。味を御存知の方は、是非、ご一報を。

・「文化貮年の秋」「卷之七」の執筆推定下限は文化三(一八〇六)年夏。

・「將束」底本では右に『(裝束)』と訂正注を打つ。

・「ごひ鷺」コウノトリ目サギ科サギ亜科ゴイサギ Nycticorax nycticoraxウィキの「ギサギ」によると、全長五八~六五センチメートル・翼開長一〇五~一一二センチメートル・体重〇・四~〇・八キログラムで上面は青みがかった暗灰色、下面は白い羽毛で被われる。翼の色彩は灰色。虹彩は赤いく、眼先には羽毛が無く、青みがかった灰色の皮膚が露出する(この形状が闇の中で直近で並んで光に反射すれば、大きな一つ目にも見えぬとは限らぬ)。嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は黄色、とある。知らずに闇の中に立って振り返られれば、これは、確かにキョワい!

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 幽靈を煮て食った事

 

 文化二年の秋のことで御座る。

 四ツ谷の在の者、夜中に用事があって外出致いた道筋に、

……白き装束をなしたる……妖しい者が……これ……先へ立って歩く……

やに、見えた。

……何やらん……その挙措……これ……人とは思えぬ……

なればこそ、おっかなびっくりさらに様子を見てみると……

……これ……

……腰より下は……見えぬ!!

『スワっ! こ、これぞ、ゆ、幽霊というものカッ?!』

と、恐怖と興味の半ばして、抜き足差し足、跡をつけて行ったところが……

……そ奴が! これ!

……すくっと止まって!

……急にふり返る!

……その顔は!

……大きなる眼(めえ)が!

……ただ一つ!

……光っておるばかり!

 さればこそ、

――ヒエッ!

と叫ぶが早いか、

『取り殺されんカッ! 最早、これまでじゃッ!』

と、抜き打ちに切りつけた!

と幽霊、

――キャッ!

叫んで

――バッタ!

音を立てて倒れる。

 さても手応えあって倒れたによって、男は勇気百倍、幽霊を、これ、捕って押さえ、

――ブスッ!

と刺し殺いた!……

……動かずなったによって近寄ってよう見てみたところが……これ……何のことはない……大きなる五位鷺じゃった……

……されば、そのまま担いで長屋へと帰り、近隣の若い衆を招き寄せると、捌いて煮込んで、『いうれい鍋』と洒落て、喰(くろ)うたそうじゃ。

 これを『幽靈を煮て喰った』とは、近時専らの巷説となっておる、とのことで御座る。

« 冬近し時雨の雲も此所よりぞ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(8) »