フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 8 モース先生「レスラーズ」(相撲)観戦記 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 性転換と性的モザイク / 二 雌雄同体 了  »

2013/09/05

明恵上人夢記 23

23

又、其の後の夢に云はく、又、崎山兵衞殿とともに合宿し、所勞するに、枕を取りて、成辨之頭の下に樒(しきみ)を押さると云々。

[やぶちゃん注:これは底本では前の「22」に引き続いて改行せずに続いているもので、「22」の次に元久二(一二〇五)年十月十八日から翌未明にかけて見た、ストーリー上は「22」とは別個な夢であろう。

「崎山兵衞殿」既注済み。明恵の養父で叔父であった崎山良貞。

「樒」別名「仏前草(ぶつぜんそう)」とも呼び、弘法大師が天竺の無熱池にあるとされる青蓮華の花に似ているということから代用として密教修法に使用し、古来から在家でもこの枝や葉を末期の水・仏前・墓前に用いたり供えたりする。納棺に際して葉などを敷き、死臭を消うともされており、昔の土葬にあっては遺体を埋めた墓地を動物が掘り荒らすことがあり、これを防ぐために有毒植物(全草有毒で特に種子にアニサチンなどの有毒物質を多く含み、食べれば死亡する可能性もある)である樒を納棺したり供えることによって遺体の食害を避ける効果があったとも言われる(主にウィキミ」に拠る)。こうした民俗を考えると――「所勞」(単に疲れの意味もあるが、別に病いの意もある)のために臥せっている(その自分を明恵は第三者的にサイドから映画のように見ていると私は読む)目を瞑った明恵の頭の下に親族の崎山が樒の葉を押し込む――というシチュエーションは、とりもなおさず、葬儀の行為、明恵の擬似的な死をこれは暗示させているのではないかと思わせるのである。彼はここで崎山との関係か、若しくは崎山も関わったかもしれない例の丹波某との一連の深刻な(少なくとも明恵の精神史にとって)出来事か事態の中で、一度、心理的に死んで再生する必要か、その願望が無意識下にあったことを意味するのではなかろうか? なお、「又」とあることから、明恵の庇護者でもあった崎山と一緒に宿泊する夢を、明恵はしばしば見ていたことも分かる。]

 

■やぶちゃん現代語訳

 

23

 また、その後に見た夢。

「また以前のように、私は崎山兵衛殿とともに一つところに合宿(あいやど)している。疲弊と病いの重く重なって私は臥せっている。

 すると崎山殿が私の枕を取り除いて、やおら私の頭の下に樒(しきみ)を沢山、押し込んで敷き詰めなさっておられるのであった。……」

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 8 モース先生「レスラーズ」(相撲)観戦記 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 性転換と性的モザイク / 二 雌雄同体 了  »