フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 死は羽團扇のやうに 大手拓次 | トップページ | 門を出て故人に逢ひぬ秋の暮 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/09/05

霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦 於喜久屋 十三首 中島敦

    (以下十三首 於喜久屋)

 

[やぶちゃん注::「喜久屋」既注済み。元町に現在も営業する洋菓子店。]

 

椋欄竹の影に凭れて秋の朝(あさ)のショコラを啜る佛蘭西びとあはれ

 

一(ひと)すぢの朝の陽射(ひざし)にコオヒイの煙はゆれて白く冷えけり

 

陶器(すゑもの)の白き冷(つめ)たさ秋の朝のコオヒイの煙たゆたひをるも

 

朝の日のはつかに射しぬ陶器の卓の上なるコオヒイの碗に

 

我が飮みしコオヒイの碗に紅毛の海賊船が書かれたりけり

 

いにしへの黑き帆前の繪を見ればキャプテン・キッド思ほゆるかも

 

新しき砂糖の壺にわが息(いき)のかゝりて曇る朝は寒しも

 

びいどろの瓶に插(さ)したるコスモスの莖透(す)いて見ゆ水に漬かりて

 

愛(は)しきやし佛蘭西の娘(こ)らショコラ飮む蒙古族(モンゴオル)われ獨りパイを食(を)す

 

居留地のコンセルなども吾(あ)が如かこの街にしてパイを食しけむ

 

Bonjour’‘Give me sugar’‘Ich danke’あなかしましや喜久屋の二階

 

あなやおぞ大和瞿麥(なでしこ)茶を飮むとロバァト・テエラァあげつらひをる

 

料理場ゆポーク・チャップの匂する待てばひもじもランチはや持て

 

[やぶちゃん注:「椋欄竹」ヤシ目ヤシ科カンノンチク属シュロチク Rhapis humilis。中国南部から南西部原産。標準種カンノンチク(観音竹)Rhapis excels(高価な古典的園芸植物として多くの品種が作られている)ほどではないが多くの品種がある。葉はシュロに似(但し、棕櫚はヤシ科シュロ属 Trachycarpus)、耐陰性、耐寒性が強く、ディスプレイ用観葉植物として人気がある。

太字「びいどろ」は底本では傍点「ヽ」。

「コンセル」“consul”。領事。

「ロバァト・テエラァ」Robert Taylor(ロバート・テイラー 一九一一年~一九六九年)はアメリカの俳優。本歌稿の成立時期である昭和一二(一九三七)年前後は未だ映画デビュウ直後であったが、ウィキロバート・テイラー等によれば、一九三六年には早くもマネー・メイキング・スターの第四位にランクされ、その水際立った美男子ぶりからグレタ・ガルボ、ジョーン・クロフォード、バーバラ・スタンウィックなど当時第一線で活躍した女優たちからの希望で彼女たちの相手役をつとめた。中でも一九三七年に“This Is My Affair”(監督ウィリアム・A・サイター)で共演した(厳密には前年の“His Brother's Wife”(邦題「愛怨二重奏」。監督W・S・ヴァン・ダイク)で既に共演し、親密になっていた)スタンウィックとは、その後、恋に落ちて一九三九年に結婚している。この「大和瞿麥」連が「あげつら」っていたのも、案外、この二人のことででもあったのかもしれない。なお、ヴィヴィアン・リーと共演し、彼をハリウッドのドル箱スターにのし上げたメロドラマの名品「哀愁」(原題“Waterloo Bridge”監督マーヴィン・ルロイ)は、この後の一九四〇年の作品であり、しかも本邦での同作の公開は戦後の昭和二一(一九四六)年を待たねばならなかった。]

« 死は羽團扇のやうに 大手拓次 | トップページ | 門を出て故人に逢ひぬ秋の暮 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »