フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦 於ける雨裸徂阜(ウラゾフ) 五首 中島敦 | トップページ | ブログ500000アクセス突破記念芥川龍之介「龝夜讀書の記」(附やぶちゃん注) / 萩原朔太郎「芭蕉私見」(昭和一〇(一九三五)年十一月号『コギト』掲載初出形復元版 附やぶちゃん注) »

2013/09/04

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 7 モースと日本の濫觴

 我々は外山教授と一緒に帝国大学を訪れた。日本服を着た学生が、グレーの植物学を学び、化学実験室で仕事をし、物理の実験をやり、英語の教科書を使用しているのを見ては、一寸妙な気持がせざるを得なかった。この大学には英語を勉強するための予備校が付属しているので、大学に入る学生は一人のこらず英語を了解していなくてはならない。私は文部卿に面会した。立派な顔をした日本人で、英語は一言も判らない。若い非常に学者らしい顔をした人が、通訳としてついて来た。この会見は、気持はよかったが、恐ろしく形式的だったので、私にはこのように通訳を通じて話をすることが、いささか気になった。日本語の上品な会話は、聞いていて誠に気持がよい。ドクター・マレーも同席されたが、会話が終わって別れた時、私が非常にいい印象を与えたといわれた。私はノート無しに講義することに慣れているが、この習慣がこの際、幸にも役にたったのである。私は最大の注意を払って言葉を選びながら、この国が示しつつある進歩に就いて文部卿をほめた。

[やぶちゃん注:「我々は外山教授と一緒に帝国大学を訪れた」まず、「外山教授」であるが、東京大学の、当時二十九歳の文学部教授(日本初教授号の一人)であるこの人物を、読者諸君は知っているはずである。高校の文学史で、近代詩のルーツとして「新体詩抄」(このモースとの出逢いから五年後の明治一五(一八八二)年の刊行)の書名と作者を退屈極まりない形で憶えさせられた折り、あの作者の中の一人に彼は入っていたのである。後の東京帝大文科大学長(現在の東京大学文学部長)を経て同総長・貴族院議員・第三次伊藤博文内閣文部大臣などを歴任した外山正一(とやままさかず 嘉永元(一八四八)年~(明治三三(一九〇〇)年)、その人である。ただここは読んでいて、突然、既知の人名として姓だけで出るのがすこぶる奇異である。この辺り、以下の注で見るように、記憶と日記を頼りにモースが再構成している過程で、かなりの重大な齟齬や誤認が生じているのが実状である。例えば、モースは六月十七日夜に汽船「シティ・オブ・トーキョー」で横浜入りし、横浜のグランドホテルに入ったその翌十八日に、早くもこの外山の訪問を受けているのであり、そこで既に大学での講演依頼さえ申し入れられていた、数少ない来日後に親しく何度も逢っている日本人要人であった、というのが真相なのである(詳しくは磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」の「8 日本への第一歩」を参照されたい)。しかも、この場面自体が事実とは異なっている。モースはこの日、文部省から「外山教授と一緒に帝国大学を訪れ」ては、いないのである。やはり磯野先生の前掲書によれば、『外山に案内されて』当時、神田一ツ橋にあった『東京大学法理文三学部を初めて訪れた』のは、この(六月十九日)の二日後の六月二十一日のことであり、また、同日、この大学訪問後にマレー同席の上、文部省高官(後注参照)と会見しているのである。

「グレー」十九世紀アメリカで最も知られた植物学者エイサ・グレイ(Asa Gray 一八一〇年~一八八八年)。ウィキの「エイサ・グレイ」によれば、北アメリカの植物分類学の知識を統一するのに尽力した人物で、特に『グレイのマニュアル』として知られた、現在でもこの分野のスタンダードである“Manual of the Botany of the Northern United States”(「北アメリカの植物学マニュアル」一八六三年刊)の著者である。

「英語を勉強するための予備校が付属している」大学予備門のこと。第一高等中学校(後の第一高等学校)の前身。東京大学入学前の予備機関として東京開成学校普通科・官立東京英語学校を統合して、まさにモースが来日したこの明治一〇(一八七七)年成立した。同一九年に分離独立して第一高等中学校となった(「大辞泉」に拠る)。無論、プレ英語教育だけの場ではないが、既にお雇い外国人教師にしようと目論んでいた外山(次注参照)モースへ説明するに、敢てこうした言い回しを用いた可能性は十分に考えられる。

「文部卿」原文は“the Director of Educational Affairs for the Empire”で大日本帝国文部卿(文部大臣の前身)といった意味であろうが、実はこの時は前の文部卿木戸孝允が明治七(一八七四)年五月に台湾出兵の決定に反発して辞任した後、次期の西郷従道(隆盛の弟)の明治一一(一八七八)年五月着任まで、実に四年の永きに亙って空席となっていた。その間の職務は文部大輔(たいふ:文部事務次官相当。)であった田中不二麿が代行していたから、ここでモースが逢ったもの田中であったと考えてよいであろう。因みに田中は明治四(一八七一)年に岩倉遣欧使節に文部理事官として随行、アメリカ・アマースト大学に留学中の新島襄を通訳兼助手として雇い、欧米の学校教育を見聞しており、後の明治二十四(一八九一)年には第一次松方内閣で司法大臣(現・法務大臣)となっている。

「ドクター・マレーも同席されたが、会話が終わって別れた時、私が非常にいい印象を与えたといわれた」ここで十九日と二十一日の記憶の混同が生じたことによって、モースは十九日の会見での驚天動地の展開を記載し損なってしまい、それは後の誤った記載にまで影響を及ぼすことになる(第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所」冒頭の「若い日本人が一人尋ねて来て、東京の帝国大学の学生のために講義をしてくれと招聘した」の私の注を参照のこと)。磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」によれば、実はこの六月十九日のマレー学監との会合の際に外山正一が同席しており、その外山から開口一番、モースにとって『思いがけない話が持ち出』されるのである。則ち、『東京大学の教授になってほしいという』申し入れである。モースは、腕足類の採集のために『一夏だけの滞在予定でやってきたのだから、このまま一年ないし二年間日本に滞在しつづけるのは無理だ、すでに約束済みの講演などを果たすために十一月から来年二月まで帰米していいというのなら話は別だがと返事をすると、大学の方ではその条件でもいいような構え』を見せ、『しかも、もし招聘に応じるなら、さっそく夏には横浜の南一七マイルの海岸(つまり江ノ島)で臨海実習を開き、標本も集め』ることが可能だと言うのである。外山はモースの条件を勘案の上、『大学側は数週間以内に確答をするということで、その日は話はここまでで終わった』とその場面を再現なさっておられる(同書七三頁)。これこそがモースと日本を強く結びつける動機となってゆくのであるが、そうした事実は本書では遂に記述されず終いとなっているのである。しかし、そうした磯野先生の考証を踏まえて、この段を読んでみると、後日(日の錯誤を問題とせず)、モースが文部卿に対して好印象を持たれるように。「最大の注意を払って言葉を選びながら、この国が示しつつある進歩に就いて文部卿をほめた」という記載は、モースにとって既に魅力的となりつつあったであろう日本への長期滞在と言う、ある意味、渡りに舟の提案が二日前にあった故の、巧妙に計算されたポーズであったとも採れるように私には思われるのである。]

« 霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦 於ける雨裸徂阜(ウラゾフ) 五首 中島敦 | トップページ | ブログ500000アクセス突破記念芥川龍之介「龝夜讀書の記」(附やぶちゃん注) / 萩原朔太郎「芭蕉私見」(昭和一〇(一九三五)年十一月号『コギト』掲載初出形復元版 附やぶちゃん注) »