フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 空にひらく花 大手拓次 | トップページ | 秋風や干魚かけたる濱庇 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/09/10

霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦 七首 朝騎(あさのり) 中島敦

    (以下七首 朝騎(あさのり))

 

水莖の岡のあしたの鋪道(しきみち)を外國婦人(とつくにをみな)馬に騎(の)り來る

 

[やぶちゃん注:「水莖」「みづくき(みずくき)」は「岡」の枕詞。]

 

朝を騎(の)る英吉利女(をみな)頰の上の丹色(にいろ)しるしも白き息吐く

 

かの騎(の)る驊騮(くわりう)の駒か朝日子の射しくるなべに嘶えたりけり

 

[やぶちゃん注:「驊騮」周の穆(ぼく)王が天下巡幸に用いた一日千里を走るという駿馬の名。後に転じて名馬のことを指すようになった。]

 

みはろかす港に朝日さしそめぬ丘行く駒の影は長しも

 

革衣(かはごろも)益良雄めけど胸の邊(へ)コスモスの花插しにけらずや

 

新しき拍車鳴るよとわが聞けばすなはち馬はトロットに移る

 

[やぶちゃん注:「トロット」“trot”は馬術用語で跑足(だくあし)・早足(はやあし)・速歩のこと。“walk”(ウォーク・並足)と“canter”(キャンター/カンター・速足・駆歩)との中間の歩調。因みにキャンターの上が全力疾走の“galop”(ギャロップ・早駆け・襲歩)。]

 

鹿毛駒の尾を振り去りしそきへより鋪道(ほだう)斜めに朝日さしくる

 

[やぶちゃん注:「鹿毛」これで「かげ」と読む。茶褐色の最も一般的に見られる馬の毛色。

「そきへ」「退き方」で遠く離れた方。果て。上代語。]

« 空にひらく花 大手拓次 | トップページ | 秋風や干魚かけたる濱庇 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »