フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« Mes Virtuoses (My Virtuosi) エルマンを聴く 五首 中島敦 | トップページ | 本日これにて閉店 »

2013/09/16

甲斐ヶ嶺や穗蓼の上を鹽車 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   甲斐ヶ嶺や穗蓼の上を鹽車

 高原の風物である。廣茫とした穗蓼の草原が、遠く海のやうに續いた向ふには、甲斐かいの山脈が日に輝き、うねうねと連なつて居る。その山脈の道を通つて、駿河から甲斐へ運ぶ鹽車の列が、遠く穗蓼の隙間から見えるのである。畫面の視野が廣く、パノラマ風であり、前に評釋した夏の句「鮒鮓や彦根の城に雲かかる」などと同じく、蕪村特有の詩情である。旅愁に似たロマンチツクの感傷を遠望させてる。

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「秋の部」より。本文中の『前に評釋した夏の句「鮒鮓や彦根の城に雲かかる」』の句は、評釈の前にも冒頭の総論「蕪村の俳句について」でも、他五句とともに掲げて以下のように述べている。

     陽炎(かげろふ)や名も知らぬ蟲の白き飛ぶ
     更衣野路の人はつかに白し
     絶頂の城たのもしき若葉かな
     鮒鮓や彦根が城に雲かかる
     愁ひつつ岡に登れば花いばら
     甲斐ケ嶺(ね)や穗蓼(ほたて)の上を鹽車

 俳句といふものを全く知らず、況んや枯淡とか、洒脱とか、風流とかいふ特殊な俳句心境を全く理解しない人。そして單に、近代の抒情詩や美術しか知らない若い人たちでも、かうした蕪村の俳句だけは、思ふに容易に理解することができるだらう。何となれば、これらの句には、洋畫風の明るい光と印象があり、したがつてまた明治以後の詩壇に於ける、歐風の若い詩とも情趣に共通するものがあるからである。
 僕が俳句を毛嫌ひし、芭蕉も一茶も全く理解することの出來なかつた靑年時代に、ひとり例外として蕪村を好み、島崎藤村氏らの新體詩と竝立して、蕪村句集を愛讀した實の理由は、思ふに全くこの點に存して居る。即ち一言にして言へば、蕪村の俳句は「若い」のである。丁度萬葉集の和歌が、古來日本人の詩歌の中で、最も「若い」情操の表現であつたやうに、蕪村の俳句がまた、近世の日本に於ける最も若い、一の例外的なポエジイだつた。そしてこの場合に「若い」と言ふのは、人間の詩情に本質してゐる、一の本然的な、浪漫的な、自由主義的な情感的靑春性を指してゐるのである。

「穗蓼(ほたて)」のルビの「て」、「理解しない人。」の読点はママ。先行する「夏の部」に現われる評釈は、

   鮒鮓や彦根の城に雲かかる

 夏草の茂る野道の向うに、遠く彦根の城をながめ、鮒鮓のヴイジヨンを浮べたのである。鮒鮓を食つたのではなく、鮒鮓の聯想から、心の隅の侘しい旅愁を感じたのである。「鮒鮓」といふ言葉、その特殊なイメーヂが、夏の日の雲と対照して、不思議に寂しい旅愁を感じさせるところに、この句の秀れた技巧を見るべきである。島崎藤村氏の名詩「千曲川旅情の歌」と、どこか共通した詩情であつて、もっと感覺的の要素を多分に持つて居る。

を指す。]

« Mes Virtuoses (My Virtuosi) エルマンを聴く 五首 中島敦 | トップページ | 本日これにて閉店 »