フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 21 正直な日本人・酒と盃・物静かで礼節なる日本人 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 23 出っ歯の多い日本人 »

2013/09/15

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 22 ドクター・エルドリッジによる明治初年の衛生白書

 有名なアメリカの医師で数年間日本で開業し、ここ二年間は東京医科大学に関係しているドクタア・エルドリッジは、彼自身が日本人を取扱ったことや、他の医師(中には十六年も、日本に滞在した人がある)の経験に就いて、私にいろいろなことを教えてくれた。日本の気候は著しくよいとされている。従来必ず流行した疱瘡は、政府が一般種痘のために力強い制度を布き、その目的のために痘苗製造所を持つに至って、今や制御し得るようになった。この事に於て、他の多くに於ると同様、日本人は西洋の国民よりも遙かに進歩している。猩紅熱は殆ど無く、流行することは断じてない。ジフテリヤも極めて稀で、これも流行性にはならぬ。赤痢か慢性の下痢とかいうような重い腸の病気は非常にすくなく、肺結核は我国の中部地方に於るよりも多くはない。マラリア性の病気は重いものは稀で、軽い性質のものも多くの地方には稀である。急性の関節リューマチスは稀だが、筋肉リューマチスは非常に一般的である。腸窒扶斯(チフス)及び神経熱はめったに流行しない。殊に後者はすくない。再帰熱は時々見られる。皮膚病、特に伝染性のものは多い。話によると骨の傷害や挫折の治癒は非常に遅く、而も屢々不完全だそうである。米の持つ灰分は小麦の半分しか無く、おまけに水が骨に必要な無機物を充分に供給しないからである。

[やぶちゃん注:「ドクタア・エルドリッジ」ジェームズ・スチュアート・エルドリッジ(James Stuart Eldridge(一八四三年~明治三四(一九〇一)年)はアメリカ人医師。フィラデルフィア生。ジョージタウン大学で学び、明治四(一八七一)年に開拓使顧問ケプロンの書記兼医師として来日、翌年函館医学校の教官、外科医長となったが、明治八年に横浜に移って開業、翌年には横浜一般病院院長、同七年からは横浜十全病院の治療主任を兼ね、亡くなる前年の明治三三(一九〇〇)年には慈恵成医会副会長でもあった。『近世医説』の発刊(著者和名依児度列智(エルドリッチ)とする)や日本在留欧米人の疾病統計といった業績も残しており、故国に日本の解剖模型を送るなど、日米医学交流に尽くした。現在の横浜外国人墓地に眠っている。(「朝日日本歴史人物事典」に拠る)。

「十六年も、日本に滞在した人がある」これは幕末から明治維新にかけて日本で医療活動に従事したイギリス人医学博士でお雇い外国人のウィリアム・ウィリス(William Willis 一八三七年~一八九四年)のことである。一八三七年アイルランド生。スコットランドのエディンバラ大学で医学を学んだ後、文久元・万延二(一八六一)年に箱館領事館第二補佐官兼医官に任用され、江戸高輪東禅寺の公使館に着任後、第二次東禅寺事件に遭遇し、生麦事件の現場を目撃している。ハリー・パークスの下で医官として働き、文久三(一八六三)年の薩英戦争ではイギリス人負傷者の治療に当たっている。元治元・文久四(一八六四)年、元公使館医官グリフィス・R・ジェンキンズと横浜で最初の薬局を開業、慶応二(一八六六)年、医官を務める一方、首席補佐官兼会計官に昇進、駐日英国公使パークスの鹿児島・下関・宇和島訪問に同行、横浜では大火に遭遇している。翌慶応三年には兵庫開港準備に伴う人事で江戸副領事及び横浜副領事に昇進した。明治元・慶応四(一八六八)年、兵庫のイギリス領事フレデリック・G・マイバーグが急死したため、大坂副領事代理を兼任(鳥羽・伏見の戦いの勃発・幕府軍の敗北・慶喜の大坂城脱出を間近に見聞する)、幕府から各国外交団保護不可能の通達を受け、兵庫へ移ったが、戦病傷者治療という名目で当時、日本語書記官になっていたアーネスト・サトウとともに大坂・京都に赴く。江戸に戻った後は横浜で彰義隊討伐作戦の負傷兵などを治療、北越戦争での戦傷者の治療にあたるため、越後路への旅している(この時、江戸(東京)副領事に復帰)。明治二(一八六九)年、明治新政府の要請でイギリス外務省員の身分のまま、東京医学校(東京大学医学部の前身)教授に就任、大病院の指導に当ったが、翌三年に新政府がドイツ医学採用の方針を採用したため、自発的に東京医学校教授を退職、イギリス外務省員も辞職して、西郷隆盛や医師石神良策の招きによって鹿児島医学校長(鹿児島大学医学部の前身)及び附属病院長に就任した。翌明治四(一八七一)年前後に鹿児島県士族江夏(こうか)十郎の娘である八重と結婚した。モースが来日した明治一〇(一八七七)年に西南戦争避けて東京に戻るまで鹿児島への医学の普及に貢献した。ここまででエルドリッジの言う通り、来日からぴったり十六年である。イングランドへの帰国は明治一四(一八八一)年とあるから、足掛け二十年に及ぶ滞在であった(以上の事蹟は主に詳細を極めるウィキの「ウィリアム・ウィリス」の記載を参照した)。

「疱瘡」原文“Smallpox”。天然痘。ウィキの「天然痘」によれば、十八世紀半ば以降、ウシの病気である牛痘(人間も罹患するが、瘢痕も残らず軽度で済む)にかかった者は天然痘に罹患しないことがわかってきた。その事実に注目し、研究したエドワード・ジェンナー (Edward Jenner) が一七九八年に天然痘ワクチンを開発し、それ以降は急速に流行が消失していった(ジェンナーが我が子に接種して効果を実証したとする逸話があるが、実際には彼は使用人の子に接種している。因みに、本邦では医学界ではかなり有名な話として、ジェンナーに先だって日本人医師による種痘成功の記録がある。現在の福岡県にあった秋月藩の藩医である緒方春朔がジェンナーの牛痘法成功に遡ること六年前の寛政四(一七九二)年に秋月の大庄屋天野甚左衛門の子供たちに人痘種痘法を施して成功させている)。日本で初めて牛痘法が行われるのは文化七(一八一〇)年のことで、ロシアに拉致されていた中川五郎治が帰国後に田中正右偉門の娘イクに施したのが最初である。しかし、中川五郎治は牛痘法を秘密にしたために広く普及することはなく、三年後の文化一〇(一八一三)年にロシアから帰還した久蔵が種痘苗を持ち帰って、広島藩主浅野斉賢にその効果を進言しているが、まったく信じて貰えなかったという普及阻害の事実がある。その後、日本で本格的に牛痘法が普及するのは嘉永二(一八四九)年に佐賀藩がワクチンを輸入してからで、足守藩士の蘭方医で適塾を開いた近代医学の祖緒方洪庵が治療費を取らずに牛痘法の実験台になることを患者に頼み、私財を投じて牛痘法の普及活動を行ったのを濫觴とする。同年には日野鼎哉が京都に、緒方洪庵が大坂に、「除痘館」という種痘所をそれぞれ開いた(洪庵の天然痘予防の活動は安政五(一八五八)年四月に幕府公認となり、牛痘種痘施術が免許制となっている)、江戸ではやや遅れて。安政五(一八五八)年に蘭方医八十三名(そこには杉田玄白の曾孫杉田玄端(げんたん)や漫画家手塚治虫の曾祖父手塚良仙の名も見える)の資金拠出により神田松枝町(現在の東京都千代田区神田岩本町)の川路聖謨の屋敷内に「お玉が池種痘所」(エルドリッジが言う「痘苗製造所」。ここは東京大学の前身の一つでもある)が設立された。江戸末期には毎年のように流行したが、特に安政四(一八五七)年十二月のパンデミックが有名である。確かにモースの来日に先立つ三年前の明治七(一八七四)年には文部省から「種痘規則」及び「種痘心得」が出されてはいるが、国民に完全に定着する(エルドリッジの言う「制御し得る」と言い切るには)明治四二(一九〇九)年の種痘法まで今少し時間が必要であった。

「猩紅熱」“Scarlet fever”。小児に多い発疹性伝染病。「いちご舌」という舌の鮮紅腫脹の症状で知られ、永く法定伝染病として恐れられていたが、現在は抗生物質によって容易に治療が可能となったため、一九九八年の法改正によって法定伝染病から除外された。以下、同様に病名の原語を示しておく。

「ジフテリヤ」“diphtheria”。ジフテリア菌の感染によって起こる主として呼吸器粘膜が冒される感染症。小児に多く、心筋や末梢神経が冒されて重篤に陥ることもあるが、予防接種の普及で減少した。

「赤痢」“dysentery”。下痢・発熱・血便・腹痛などを伴う大腸感染症。従来、赤痢と呼ばれていたものは、現代では赤痢菌による細菌性赤痢とアメーバ性赤痢(寄生虫症に分類)に分けられる。前者の国内患者は激減しているが、海外渡航者の帰国後発症はしばしば見れる。かくいう私の妻もかつて一緒に行ったトルコで Shigella sonneiD群赤痢菌・ソンネ赤痢菌)1相に罹患し、しっかり鎌倉の額田病院に隔離された。

「慢性の下痢」“chronic diarrhoea”。「ダッリィア」はギリシャ語「流れ通ること・貫流」の原綴りで、現在は“diarrhea”の綴りの方が一般的。

「肺結核」“phthisis”。明治初期までは労咳と呼ばれた。ただ「我国の中部地方に於るよりも多くはない」というのはどうか? 明治期には国民病と呼ばれ、まさに結核が、あらゆる近代の文学・芸術・文化全般に影響を及ぼした。

「マラリア性の病気」“malarial diseases”。かつては本邦にも土着のマラリアが存在したが、現在では絶滅している。

「急性の関節リューマチス」“acute articular rheumatism”。体の各所の関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛み、進行すると関節の変形や機能障害や廃用化が起こる。現在、人口の0・4~0・5%、30歳以上の人口の1%に当たる人がこの病気に罹患するとされる。特に30~50歳代での発病が多く、男性より女性に有意に多く見られ、約3倍に相当する(公益財団法人リウマチ財団公式サイト「リウマチ情報センター」の「関節リウマチ」に拠った)。

「筋肉リューマチス」“muscular rheumatism”。現在、相当する狭義の病名はリウマチ性多発筋痛症(polymyalgia rheumatic ; PMR)である。原因不明の肩や腰周囲が筋肉痛を起こす病気で、六十五歳以上の高齢者に多く、寝返りが痛くてうてないといった愁訴を特徴とする。但し、リウマチ性多発筋痛症は関節リウマチの十分の一以下と考えられており、アメリカでは、人口10万人当り18・7~68・3人、特に50歳以上の人口10万人当りでは年間50人もの発病があるとされるのに対し、少なくとも現在の日本人では欧米人よりもずっと発症は少ないとされていると公益財団法人リウマチ財団公式サイト「リウマチ情報センター」の「リウマチ性多発筋痛症」にはあり、エルドリッジのこの謂いはやや解せない。これは全くの想像であるが、エルドリッジは西洋人には殆んど見られない「肩こり」を実は「筋肉リューマチス」と表現しているのではなかろうか? 大勢に於いて体型の大きく、頭部の重さを比較的支え易い欧米人は「肩凝り」という概念を永く持っていなかったため(パソコンの使用頻度が急激に増えた昨今は“have a stiff neck”「首が凝る」という表現が欧米でも現われているらしい)、エルドリッジはその肩凝りや四十肩・五十肩という日本人に多くみられる愁訴を、総て「筋肉リューマチス」と断じたのではなかったかという推理である。大方の御批判を俟つものである。

「腸窒扶斯(チフス)」“typhoid”。発音すると「タィフォイド」。腸チフス・疑似チフス。本邦では「チフス」と呼ばれる疾患は腸チフス・パラチフス・発疹チフスの三種類を含む。このうち腸チフスはチフス菌(Salmonella enterica var enterica serovar Typhi) によって、パラチフスは同じサルモネラに属する菌株パラチフスA菌(Salmonella serovar Paratyphi A)によって引き起こされる感染症であるが、発疹チフスはリケッチアの一種である発疹チフス・リケッチア(Rickettsia prowazekii)による疾患である(次注参照)。但し、これらの疾患は以前、同一のものであると考えられ、いずれもチフスと呼ばれていた。腸チフスは菌に汚染された水や食物によって起こる消化器系感染症で、四〇度超える高熱が持続して全身が衰弱するほか、腹部や胸部にバラ疹と呼ばれるピンク色の特有の斑点が現われ、腸出血を併発する場合もある。日本では近年減少した(以上は主にウィキ腸チフス」に拠った)。

「神経熱」“typhus”こちらが実は発音すると「タィフェス」で、日本語の「チフス」の語源はこれである。これが前注に示した発疹チフス(typhus fever)でリケッチア・プロワツェキイ(Rickettsia prowazekii)がシラミの媒介によって感染することで起こる疾患である。一〇~十四日間の潜伏期を経て、高熱と全身性の細かな発疹及び意識混濁や譫妄などの重い脳症状を示すのを特徴とする。本邦では第二次世界大戦中から戦後にかけて流行したが、昭和三〇(一九五五)年以降、国内病原による患者の報告はない。

「再帰熱」“relapsing fever”。回帰熱。シラミやダニが媒介するスピロヘータの一種ボレリア(Borrelia)に感染症することで起こる疾患で、名前は発熱期と無熱期を数回繰り返すことに由来する。高熱・悪寒・皮膚黄変などの症状を呈するが五~七日で消失し,約一週間の無症状期の後、再び前の症状が再帰、これを繰り返す。本邦では昭和二五(一九五〇)年以降、国内病原による患者の報告はない。

「骨の傷害や挫折の治癒は非常に遅く、而も屢々不完全だそうである。米の持つ灰分は小麦の半分しか無く、おまけに水が骨に必要な無機物を充分に供給しないからである。」原文は“It is said that injuries and fractures of the bones heal very slowly and often imperfectly. Rice has but half the ash material of wheat, and the water does not supply sufficient inorganic matter necessary for the bones.”。「灰分」(the ash)は食品成分として含まれる鉱物質カルシウム・鉄・ナトリウムなどのミネラルを指す。後半部は本邦の水の殆んどがカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの金属イオンの含有量が少ない軟水であるから、骨形成や修復が遅い、と言っているのであるが、硬水を飲むと骨密度が高まるというのはどう考えてもおかしい。しかし、これはエルドリッジの御高説であったのだろうから、こういうトンデモ解釈が平然とまかり通っていたのであろう。その点では一三六年の科学的認識の落差を感じさせる部分である。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 21 正直な日本人・酒と盃・物静かで礼節なる日本人 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 23 出っ歯の多い日本人 »