フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 隨分御機嫌やう | トップページ | 鬼城句集 花火/走馬燈 »

2013/09/28

オリンピック聖火夢 又は ゲッセマネの園夢

2020年である。――
私は3人の教え子とオリンピックの聖火を運んでいる。――
その夜は東北の廃校となった高校の体育館に泊まっていた。
私はまず、2人を放送ブースに入れ、マリン・ランプの聖火の番をして、決して眠ってはならないと命じた。
明日トーチを掲げて走ることになっている今1人には、ピアノ室に入って仮眠をとるように言い、用心のために角型の焼香に用いる火種に移したそれを傍に置かさせ、数時間おきに起きては、火種を繫げるように、と命じた。
私は戸外で、やはり聖火を移した苧殻(おがら)の束の焚き火の前で、凝っとその火を見つめているのだった。――

暫く経った――その時――一陣の強い風が吹いて、一瞬のうちに苧殻が吹き飛び、夜空を焦がして散り消えてしまった。

慌てた私がピアノ室へ駆け込んでみると、火種は白い灰の塊となってしまっていて、探ってみても最早火種はなく、脇に横臥した教え子は、すやすやと眠っており、突っついても全く起きる気配がないのだった。

放送ブースに入って見ると、何故か、マリン・ランプの聖火も消えており、2人の教え子もやはり居眠りをしていて、まるで何か妖怪(あやかし)に憑(と)りつかれたように、私がいくら揺す降っても目覚めぬのであった。――

私は、その時、茫然としながらも、何か悲愴な決意の中で、
「……このカタストロフは――どうしても映画にして残さなければならない!」
と叫んだまま、立ち尽くしているのであった……

これは私がイエス役を演じているという、トンデモ不遜夢なのであるが、事実見てしまったのだから仕方がないのでそのまま忠実に記録した(つもりである)。

何だかこの象徴群は妙に分かり易いのが、かえって変である。

東北を聖火が廻っているという設定が、実に如何にもな皮肉である(夢とは関係ないが、事実、聖火はまた日本中を廻ることになるのであろうが、その時は是非、まだ燃えている福島第一原発まで行ってもらって、その炉心の火も聖火の火種に加えてもらいたいもんだ、などと思う。カロの破片が東京じゅうを経巡るようにだ)。

またこの奇体な夢を何故、細かに記憶出来たかといえば、偏えにオリンピックの聖火という、私が最も興味がなく、寧ろ現在甚だ嫌悪の対象であるところの2020年オリンピック(以前に申し上げた通り、オリンピックなんぞより今やらなくてはならないことは絶望的に山積しているという立場を私はとる者である)に関わった話柄であったからに他ならない。

シチュエーション全体はマルコの福音書に出るゲッセマネの園のシークエンスをほぼそのまま借用している。

しかも私の印象では、マリン・ランプ(実際のかつての東京オリンピックの予備火種はこれを自動車で運んだはずである)がキリスト教を象徴しており(これは私が夢の中で、それを「ランプ」と呼ばずにわざわざ「西洋ランプ」と呼称していた事実からも認識出来る)、移した角型火種が仏教を、お盆の迎え火に用いる苧殻が日本土着の信仰を象徴しており、これまた如何にもな宗教総体の象徴であって、それらが現実のカタストロフを全く救い得ないという構図も、随分、分かり易い、分かり易過ぎ、である。

最後に、何故、映画なのか? 分からない。ただ、私にとって「映画」は「タルコフスキイ」であり、「タルコフスキイ」というと彼の著作の題名ともなっている「スカルプティング・イン・タイム」を連想するのを常としている。映画は唯一、時間を切り取ることが出来るもの、の謂いである……とりあえず醒めた時、私がそんなことを考えたことだけ記しておく。

ともかく――ブッ飛んだトンデモ夢で……それでいて醒めた際に酷く哀しい気持ちになった夢であったことも、これ、事実なんである。……

« 隨分御機嫌やう | トップページ | 鬼城句集 花火/走馬燈 »