フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 幽靈を煮て食し事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 18 安息日なんて糞喰らえ! »

2013/09/09

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(8)

  游江島   千葉玄之〔字子玄號芸閣〕
金龜孤島鎭關東。
琪樹玲瓏此地雄。
靑壁高懸天女洞。
白波直撼妙音宮。
鰲身堪曝扶桑日。
鵬翼將搏溟渤風。
知是三山應不遠。
樓臺總在彩雲中。

[やぶちゃん注:作者は儒者千葉芸閣(ちばうんかく 享保一二(一七二七)年~寛政四 (一七九二)年 「芸」は正確には(くさかんむり)が切れ、藝の新字体である「芸」とは別字。香草の名で、その葉は書物の虫食いを防ぐのに使われたことから「書物」をいう語である)。秋山玉山に学んで下総古河藩藩主土井利里に仕えたが、中傷を受けて辞して後、江戸駒込に塾を開いた。名は玄之、字は子玄。通称、茂右衛門。著作は「詩学小成」「標箋孔子家語」「重刻荘子南華真経」「官職通解」「唐詩選掌故」など多数。

  江島に游ぶ   千葉玄之〔字は子玄、號、芸閣。〕
金龜の孤島 關東を鎭め
琪樹(きじゆ) 玲瓏として 此の地 雄たり
靑き壁 高く懸けたり 天女の洞
白波(しらなみ) 直ちに撼(うご)かす 妙音の宮
鰲身(がうしん) 曝すに堪ふ 扶桑の日
鵬翼(ほうよく) 將に搏(はばた)かんとす 溟渤の風
知る 是れ 三山 應に遠からざるを
樓臺 總て 彩雲の中(うち)に在り

「琪樹」崑崙山 (中国の西方にあると考えられた仙山で仙女西王母が住むとされる) の北にある宝玉のなる木。ここは島の樹木が美しく茂ることを言った。
「鰲」大きな亀。伝説上の神獣で背に蓬莱山などの仙山を載せているとされる。
「扶桑」中国神話にみえる太陽の昇る木。
「鵬」「荘子」に出る想像上の大鳥(おおとり)。翼長三千里、一度羽ばたけば九万里を飛ぶという(但し、中国古代や現代中国の一里は約五百メートルであるから、三千里は一五〇〇キロメートル、九万里は四五〇〇〇キロメートル)。
「溟渤」果てしなく広い海。大海。]

« 耳嚢 巻之七 幽靈を煮て食し事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 18 安息日なんて糞喰らえ! »