フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« おのが身の闇より吠えて夜半の秋 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 16 製茶場 »

2013/09/08

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(7)

  游江島   江忠囿

天女祀前戊巳晨。

詣徒洗目大觀親。

群蜑被髮風洲樹。

豪客褰裳探窟神。

江海高煙人市外。

蛟龍瑞氣含珠津。

鬟童時欲通靈夢。

不断潮聲破睡頻。

 

[やぶちゃん注:作者は江戸の漢学者入江南溟 (いりえなんめい 延宝六(一六七八)年~明和二(一七六五)年)。名は忠囿(ただその/但し、本詩の場合は中国風の漢名であるから「ちうう(ちゅうう)」か「ちういう(ちゅうゆう)」の音読み)字は子園、通称は幸八。南溟・滄浪居士と号した。荻生徂徠に師事、江戸で塾を開いて講説を行った。終生仕えることはなかったが秋田藩士に門人が多く、養子となって跡を継いだ入江北海も秋田藩の出であった。その著述には唐詩を詩体別に分けて注釈を施した「唐詩句解」、「礼記」に載る養老制度を初学者のために分かり易く仮名書きで解説した「大学養老編」などがある。また、同時代の出版物に多くの序・跋文を残しており、その知名度の高さか窺われる(以上は「朝日日本歴史人物事典」に拠る)。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーの「相模國風土記」の「藝文部」で「鬟」を確定した。

 

  江島に游ぶ   江忠囿

天女 祀前(しぜん) 戊(つちのえ)の巳(み)の晨(あした)

詣徒 目を洗ひて 大觀 親し

群れし蜑(あま)は 髮を被ひて 洲樹に風(うた)ひ

豪たる客は 裳を褰(かか)げて 窟神(くつしん)を探る

江海 高煙 人市の外(ほか)

蛟龍 瑞氣 含珠の津(しん)

鬟(みづら)の童 時に靈夢に通ぜんと欲するも

不断の潮聲 睡を破ること 頻りなり

 

取り敢えず「戊(つちのえ)の巳(み)」と訓じたが不審。年と月を言ったものか。識者の御教授を乞う。]

« おのが身の闇より吠えて夜半の秋 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 16 製茶場 »