フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 25 湯元温泉にてⅡ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 27 モース先生は「裸の大将」だった!!! ~ 第二章 了 »

2013/10/28

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 26 湯ノ湖に於ける船上採集


M88


図―88

 

 湯元で水温調査を終えた我々は、この土地唯一の大きなゴンドラみたいな舟を借り、漕ぎ手として男二人をやとって、湖水の動物研究にとりかかった。舟子が舟に乗りうつる時、若い娘が例の火鉢と薬鑵(やかん)とを持ってついて来た。我々は何故招きもしない彼女が舟に乗って来たのか不思議に思ったが、とにかく舟を立去らぬので、私は戽斗(あかとり)から貝を取り出す時硝子(ガラス)瓶を持たせたり何かして、彼女に渡船賃をかせがせた。彼女は我々が標本をさがして舷(ふなばた)から水中を見る時、我々の帽子を持ったりした。やがて岸に帰りついて、彼女が実は舟の持主で、我我が彼女に舟賃を払わねばならぬと知った時の我々の驚きは推察出来るであろう。この国の人々は冗談を面白がる気持を多分に持っているから、定めし彼女も我々が彼女を取扱ったやり口を楽しんだことであろう。私はメイン州の「種」を思わせる Lymnaea の標本一つと、小さな Pisidiium とを見つけた。我々が岸を離れ、見をさがすにはもって来いの新しい水蓮の茂った場所に来た時、烈しい風が吹き始め、舟子たちが一生懸命、漕いだり押したりしたにも拘らず、舟は自由にならなかった。彼等を助けようと思って私は竿を取ったが、間もなく竹竿が私にとっては全く珍奇なものであることを理解し、また舟その他すべてが我国にあるのと丸で違って奇妙な動きようをするので、うっかりすると水の中に墜ちる恐れがあるから、私は運を天にまかせた。我々は湖水を横断して、対岸の入江へ吹きつけられた。ここで風の止むのを待ってしばらく採集した後、舟子たちは舟を竿で押し戻そうとした。私は再び竿を取って見たが、あまり短気に、どこへでも構わぬから動かそうとした結果、暗礁にのし上げて了った。ここで我々はかなりな時間を徒費した。舟子はとうとう水中の岩に飛び降りて、そして恐ろしい努力の後に、ボートを持ち上げるようにして、岩から引き離した。と同時に、また風が舟をもとの入江に吹きつけたので、我々は皆岸に飛び上って湯元まで歩いて蘇った。図88は舟から見た村を大急ぎで写生したものである。

[やぶちゃん注:「大きなゴンドラみたいな舟」絵から見ると観光用のやや小振りの屋形船のように見える。

Lymnaea」腹足綱直腹足亜綱異鰓上目有肺目基眼亜目モノアラガイ上科モノアラガイ科モノアラガイ属イグチモノアラガイ亜種モノアラガイ Radix auricularia japonica か、その近縁種で全国的に広く分布するヒメモノアラガイ Austropeplea ollulaであろう。これらの種は水面を逆さになって這うことでも知られる。モースの示した種は現在、本邦に侵入した外来種であるコシダカヒメモノアラガイ Lymnaea truncatula の属する属である(因みにこのコシダカヒメモノアラガイ Lymnaea truncatula はヨーロッパ原産で昭和一五(一九四〇)年前後に水草などに伴って移入したとされる。以上はウィキの「モノアラガイ」に拠った)。なお、モノアラガイ類は扁形動物門吸虫綱二生亜綱棘口吸虫目棘口吸虫亜目棘口吸虫上科棘口吸虫科棘口吸虫亜科棘口吸虫属浅田棘口吸虫 Echinostoma hortense などのヒト寄生虫感染症を引き起こす吸虫類の中間宿主として知られる。

Pisidiium」斧足(二枚貝)綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ上科マルスダレガイ科マルスダレガイ目マメシジミ科マメシジミ属 Pisidium の一種。殻長は二~五ミリメートルのシジミに似た淡水産二枚貝。北方系種で寒冷地や高地・湧水の流れ込む比較的水温の低い沢や湖・湿原の池塘などに生息する、半透明の極めて地味な微小貝。本邦では二十種程度棲息するとされているが研究は進んでいないマイナーな淡水貝である(個人サイト「Freshwater-Life~身近な水辺の仲間たち~」の「マメシジミって、なあに?」などに拠った)]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 25 湯元温泉にてⅡ | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 27 モース先生は「裸の大将」だった!!! ~ 第二章 了 »