フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山吹や井手を流るる鉋屑 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 蔦 »

2013/10/22

秋もはやばらつく雨に月の形 芭蕉

本日二〇一三年十月二十二日

陰暦二〇一三年九月 十九日

 

  其柳亭

 

秋もはやばらつく雨に月の形(なり)

 

昨日からちよつちよつと秋も時雨かな

 

昨日からちよつちよつと秋もしぐれけり

 

[やぶちゃん注::元禄七(一六九四)年、芭蕉五十一歳。同年九月十九日の作。第一句及び第二句ともに「笈日記」に、第三句は「六行會」に所載するもの。第二句目についてのみ「ちよつちよつ」の後半は底本では踊り字「〱」。

 同年五月十一日に江戸を立って郷里伊賀上野へ二十八日まで滞在した後、膳所の菅沼曲水宅、嵯峨野落柿舎(ここに滞在中の六月八日に同月二日(推定)に芭蕉庵での寿貞逝去の報に接する)や京辺を巡り、七月に伊賀へ帰る。九月八日に出立して大阪へ向かうが、体力の衰え著しく、到着翌日の十日から本句を詠んだ翌二十日頃までは連日夕刻になると発熱・悪寒・頭痛に苦しめられた

 「其柳」は「きりう(きりゅう)」で、大阪の門人。本句はこの日彼の屋敷で行われた八吟歌仙(八人で歌仙三十六句を連ねること)夜会興行の発句であった(芭蕉・其柳・支考・洒堂・游刀・素牛・車庸・之道)。

 「笈日記」に第一句につき(踊り字は正字化した)、

此句の先、〽昨日からちよつちよつと秋も時雨かな、といふ句なりけるに、いかにもおもハれけむ、月の形にはなしかへ申されし

と附記されてある。

 芭蕉の逝去は同年十月十二日――もうあまり、彼の時間は残されていなかった。]

« 山吹や井手を流るる鉋屑 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 蔦 »