フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 旋風怪の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 4 東照宮境内跋渉――鏡板/石段/石運び/飛び狛犬 »

2013/10/04

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 3 定家鬘と鶯に迎えられて

 一般用の橋を渡ってから、我々は広い並木路を登って行った。この路は山の斜面を切り開いたものなので、六フィート或は八フィートごと位に石段があり、両側は巨大な石の壁、そしてあたり一面、我国メインの最も荒々しい地方に於るが如く、古い森林の木がすくすくと天をついて立つ。これ等建造物の宏大さを髣髴(ほうふつ)させようとした所でそれは無駄である。建物全体が山の険しい斜面に、原始的な松柏科の森林につつまれて建ち、この上もなくよい香を放つ蔓性植物や花の下生が、人の手による精巧極まる仕事の豊かな骨組みをなしていることは、日光をして一層感銘深いものにしている。この自然のままの森林は、石垣や寺院の、それぞれの土台に近く接して生え、恰も、日光諸寺院の精密なる境界線が、先ずこの深林中に定められ、あらゆる物を取り去った後で寺や石墻(かべ)やが建てられたかの感がある。最初の廟が建てられたのは千年以上も昔のことであるが、現在のも建ってから三百年は経過しているので、その間には森林がその周囲に生長し得たであろう。この美しい自然の景色に加うるに、日本の詩人が礼讃してやまぬ一種の鳥の、玄妙な笛のような声……我国のハーミット・スラッシの声と同じく魅力あり而して耳につきやすい……が、時折り聞える。

[やぶちゃん注:「六フィート或は八フィート」約1・8~2・4メートル。

「我国メイン」原文“Maine”。メイン州(state of Maine)のこと。アメリカ合衆国本土及びニューイングランド最東北部に位置する州。入り組んだ岩の多い海岸線と低くうねる山稜、内陸の深い森と美しい水流を持った景色で知られ、またロブスターやハマグリなど海産物料理でも知られている。州都はオーガスタ市であるが、人口最大都市はポートランド市でモースの故郷である。

「この上もなくよい香を放つ蔓性植物」モースが日光に到着したのは六月三十日であるから、これは推測するに、リンドウ目キョウチクトウ科キョウチクトウ亜科テイカカズラ Trachelospermum asiaticum ではあるまいか?

「ハーミット・スラッシ」原文“hermit thrush”。スズメ目ツグミ科 Catharus 属チャイロコツグミ Catharus guttatus。鳴き声と映像は。モースが「日本の詩人が礼讃してやまぬ一種の鳥の、玄妙な笛のような声」「魅力あり而して耳につきやすい」と言っているのはスズメ目ウグイス科ウグイス Horornis diphone と思われるが、チャイロコツグミの方が私には繊細で魅力的に感ずる。]

« 耳嚢 巻之七 旋風怪の事 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 4 東照宮境内跋渉――鏡板/石段/石運び/飛び狛犬 »