フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 19 男体山山頂から遙か富士山を臨む | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 21 湯元温泉への道程と男体山 »

2013/10/27

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 20 男体山下山、湯元温泉へ

 下山は登山よりも骨が折れた。私はこんな際限もない段段をポッコリポッコリ下りるよりも、カリゲインを十二度下りた方がいい。頂上から麓までの距離は七マイルというが、麓に来る迄にもう二十マイルもあったように思われたので、我々はよろこんで一時間を休憩と睡眠とに費した。この時日本の木枕を使った。涼しいことは涼しかったが、どうも具合が悪かった。五時、八マイル向うの湯元に向けて出発。私は元気溌溂たるものであった。
[やぶちゃん注:「カリゲイン」既出。ニューハンプシャー州ホワイト・マウンテン国立森林公園の中央に位置するキャリガン山と思われる。
「七マイル」11・3キロメートル。因みに下山も往路と同じ二荒山神社の同一ルートをとったものと思われるが、現在の同一コースは公称4・5キロメートルとあるから、この「七マイル」はどう考えてもおかしい。針小棒大である。モースの錯誤のように思われる。
「二十マイル」32・2キロメートル。
「八マイル」12・9キロメートル。これは私が想定した旅宿から計測すると湯元温泉まで12・5キロメートルはあるので数値に問題はない。それだけに「七マイル」というのは如何にもおかしいのである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 19 男体山山頂から遙か富士山を臨む | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第三章 日光の諸寺院と山の村落 21 湯元温泉への道程と男体山 »