フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鬼城句集 秋之部 掛煙草 | トップページ | 閣に座して遠き蛙をきく夜哉 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/10/31

白菊の目に立てゝ見る塵もなし 芭蕉

本日二〇一三年十月三十一日

陰暦二〇一三年九月二十七日

 

白菊の目に立てゝ見る塵もなし

 

しら菊や目に立(たて)て見る※(ちり)もなし


[やぶちゃん字注:「※」=「土」+「分」。]

 

[やぶちゃん注:元禄七(一六九四)年、芭蕉五十一歳。同年九月二十七日の作。


第一句目は「笈日記」、第二句目は「矢矧堤」に拠る(初案かと思われるが真蹟の切れが伝存する)。支考の「追善日記(芭蕉翁追善之日記)」には、第一句目に『廿七日、園女が方にまねきおもふよし聞へければ、此日とゝのへて其家に會す』と前書して載せる。


 女流門人斯波園女(しばそのめ 寛文四(一六六四)年~享保一一(一七二六)年)は伊勢山田(現在の三重県伊勢市)の神官の子として生まれた。同地の医師斯波一有(別号:渭川(いせん))に嫁し、元禄三(一六九〇)年に芭蕉に師事、同五年には夫と大坂へ移住した。芭蕉没後
元禄一六(一七〇三)年に満三十九で夫と死別して未亡人となった。宝永二(一七〇五)年になって宝井其角を頼って江戸へ出て眼科医を業としながら江戸座の俳人と交わった。大阪時代が俳人としての活躍期で雑俳点者としても名が高かった。享保三(一七一八)年、剃髪して智鏡尼と号した。正徳年間に深川富岡八幡に三十六本の桜の植樹を寄進、『歌仙桜』の名で江戸庶民に親しまれた。編著に「菊のちり」「鶴の杖」(以上はウィキ斯波園女に拠る)。


 その園女亭での九吟歌仙の発句。眼前に咲く白菊に託して女主人の清楚な印象を讃えた挨拶句であるが、これが本歌として西行の「山家集」に載る、


  くもりなう鏡の上にゐる塵を目にたててみる世と思はばや


を元としていることを考えると、そこには一捻りがある。この一首は古来、難解とされてきたものであるが私は、


――この世というものは――仏道に帰依した者の曇りなき真澄の心の鏡の上にある――僅かな煩悩の塵をさえも――殊更に取り立てて批難したがる――誠心をも踏みにじる世の中に過ぎぬのだ――と無視したいと思うておる――


という意味に採っている。それを踏まえるとすれば、そうした微細な「目に立てゝ見る塵」さえも白菊にはおかれていない――この聖園女の清廉にして潔白な凛々く毅然とした崇高の女の美を芭蕉は透徹する。その時、芭蕉の心には直近の四月ほど前の元禄六年六月初めに亡くなった、生涯ただ一人愛した女壽貞の面影が重なったに相違ない(単なる直感に過ぎないが、幸(さち)薄き壽貞(生年未詳)の年齢は恐らく園女とあまり変わらなかったのではなかろうか)。そしてそれは、その追悼句である、

  數ならぬ身とな思ひそ玉祭り


と響き合うように私には思われる。「目に立てゝ見る塵もな」き庭前の「白菊」の光景は園女の面影をオーバ・ラップさせながら、同時に壽貞の霊魂の形象としてもあるように私は感じられるのである。]

« 鬼城句集 秋之部 掛煙草 | トップページ | 閣に座して遠き蛙をきく夜哉 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »