フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春の夜や盥を捨る町はづれ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鶉/雀化蛤 »

2013/10/08

中島敦 南洋日記 九月十日

九月十日(水)   (コロール)

 午後、土方氏、渡邊氏、久保田氏等とアルミヅ島民部落を訪ふ。部落に入るや、往昔の石疊路の掘起されて軍用道路となるを見る、島民又轉居する者多きが如く、土方氏、頻りに嘆く。昔の舟着場に至り少憩、又、部落に戻る。

 タマナ、モモタマナの類多し、椰子樹多く伐倒され、石疊欒じて畑となる。燒拂はれし傾斜地の中央に一本のモモタマナ(a mȉeh)の巨樹あり。攀援類の植物をまとうて、吃然として立つ。亡び行く民族が最後の酋長の姿に似たり。土方氏一婦を見て「オヤイさんぢやないか。久しぶりだねえ。直ぐわかつたよ。アンタもおばあさんになつたねえ」云々。蓋し、ヤイ女は、内地人との混血にして、十年前のアルミヅ小町なりしと。ヤイは八重の轉靴なるべし。ヤイ女の家にて、椰子水を馳走さる。れて、後、沼の傍を通り、屹立する峻巖の問を過ぎて岬の突端に出づ。南洋にて始めての蟬聲を聞く。路に巨大なる鱗落ちたり Khamdǔcle 魚の鱗なりと。ボート・ハウス(diángngel)を覗く。競走用の獨木舟、誠に見事なり。干潟に踏入る老爺あり、泥中より椰子果を掘出す、椰子繩を作るなりといふ。椰子樹の上に壺を見る、椰子蜜をとるなり。一匹の蜥蜴壺につかまりて頻りに蜜を嘗めゐたり。四時頃歸る、

 夕食、人魚の炙肉をくふ(於山口)、

[やぶちゃん注:何と! ここで僕らは南洋に行った「お八重さん」に出逢う! なお、日付下の( )はその日の主要滞在(滞留)地や場所(船名)を示している。

「コロール」(Koror)は現在のパラオ共和国コロール島にある、現在は同国最大の規模を持つ都市(二〇〇六年まではパラオの首都であったが同年十月にバベルダオブ島マルキョクへ遷都している)。ウィキの「コロール」によれば、一八八五年以降のスペインの植民地時代以前よりパラオの覇権を競った大酋長(アイバドゥール)のお膝元として栄えていた町で、当時はコロール島を縦断する道はなく海路から村に入っていったという。その後のドイツ統治下に至っても都市化整備はあまり行われず、わずかにコロール島縦断道路を完成させた程度であったが、第一次世界大戦後に日本の統治が始まると南洋群島の統治機関である南洋庁が置かれて、それまで殆ど進んでいなかった学校・病院・道路など各種インフラストラクチャーの整備が重点的に行われて、一九二〇年代頃(大正末から昭和初期)にかけて近代的な町並みへとその姿を変貌させていった。日本風町名が導入され、縦断道路に沿って西から順にコロール一丁目からコロール七丁目まで割り振られて、一~四丁目までが官庁街・日本人街、五~七丁目がパラオ人集落であった。一九三〇年代頃になると日本人人口が激増、パラオ人から土地を借りるなどして五~七丁目にも日本人が住むようになって、最盛期には現在(二〇〇五年現在で凡そ一二六〇〇人)の三倍の人口を有すなど非常に栄えていた。人口増加に伴って料亭やカフェーなどのサービス産業も進出し、歓楽街も形成された。これらの店で働く女性従業員は四〇〇人に上ったという(戦後は日本人が引き揚げ、太平洋諸島信託統治領の首都がサイパンに置かれたことによって人口は激減、インフラ整備もなおざりにされて戦前は舗装道路だった縦断道路も未舗装に逆戻りしてしまった。小林泉「ミクロネシアの小さな国々」によれば終戦後残っていた道路の舗装をアメリカ軍がわざわざ剥がしていったというトシオ・ナカムラ(後のパラオ共和国議会議長)の発言を記述している。一九八〇年代に入り、パラオ自治政府(後のパラオ共和国政府)が設立されて、ようやく都市再開発が進むことになった。独立後は、日本や中華民国(台湾)など外国政府からも援助を受けてインフラの整備が行われている)とある。

「土方氏」土方久功(ひじかたひさかつ 明治三三(一九〇〇)年~昭和五五(一九七七)年)は彫刻家。パラオ等広く南洋に取材し、民族学的資料を多く残すとともに、芸術作品のテーマとして作品を残した。昭和四(一九二九)年にパラオに渡って、公学校(現地住民の初等教育学校)の図工教員として彫刻を教える傍ら、パラオ諸島の各島やヤップ島等を詳細に調査した。昭和六(一九三一)年にはヤップ諸島の最東端サテワヌ島(現在のサタワル島)に渡り、七年間を同島で過ごし、昭和一四(一九三九)年にパラオに戻って当時コロールにおかれていた南洋庁に勤務、トラック諸島(現在のチューク諸島)・ポナペ島(現在のポンペイ島)・クサイ島(現在のコスラエ島)・ヤルート(現在のジャルート環礁)・サイパン島・ロタ島等を引き続き精力的に調査した。この時、敦と親交を結び(底本全集第一巻「南島譚」解題によれば、『七月初めに南島に着任して二ケ月もたたぬうちに親しくなり、同地滯在中の』敦の『唯一の話し相手となつた』とある)、昭和一七(一九四二)年三月十七日に帰国した敦とともに帰国している。同年中にボルネオ調査団に参加して同年から日本が統治した北ボルネオの調査も行っている。後、昭和一九(一九四四)年に病いを得て帰国、岐阜県可児郡土田村(現在の同県可児市土田)に疎開、第二次世界大戦終了後、昭和二四(一九四九)年に東京都世田谷区に移転して彫刻家となった。彫刻家としての制作の傍ら、「非詩集ボロ」「青蜥蝪の夢」などの詩集も出している。特に昭和二八(一九五三)年に刊行した「サテワヌ島民話」は、土方が文字を持たないサテワヌ島で民話を採録しものを、ローマ字表記と日本語対訳で収録した非常に貴重なものである(以上はウィキの「土方久功」を参照した)。同じ解題によれば、敦の小説「南島譚」三篇に現われる南方独特の修辞法は多分に彼が採集した民話から借用したものと思われる、とある。

「渡邊氏」同じ南洋庁所属の官吏と思われるが不詳。

「久保田氏」同じ南洋庁所属の官吏と思われるが不詳。

「アルミヅ島民部落」これは「アルミズ島」という島の名ではなく、コロール島にある「アルミヅ」という高地の「島民部落」の謂いである。この高地には敦らが訪れた前年の昭和十五年に壮大な官幣大社南洋神社が創建されていたはずであるが、ここでは特に記載はない。因みにこの南洋神社は敷地面積九万六千余坪、本殿は神明造・大鳥造を基調とするもので、木材は南洋群島各地から調達、石材は幸いにも整地の際に良質な安山岩が大量に発見されたため、これを使用(日記中に「石疊」とあるのがその原材であろう)、昭和十五年二月に天照大神を祀る官幣大社に指定された。終戦時に一度廃社され荒廃したが、平成九(一九九七)年に、パラオ人の邸宅の前庭(旧神社の本殿・拝殿があった場所)を借りるような形で小さな祠が再建され、祠の前には新たな鳥居・狛犬・灯篭も設置されて、「旧官幣大社南洋神社再建趣旨」を刻んだ石碑、「日本―パラオ心を結ぶ会」によって戦死者を称える日本語と英語の文章を刻んだ石碑が設置されている(以上はウィキの「南洋神社」に拠った)。

「タマナ」ビワモドキ亜綱ツバキ目オトギリソウ科テリハボク Calophyllum inophyllum の小笠原諸島での地方名。太平洋諸島・オーストラリア・東南アジア・インド・マダガスカルなどの海岸近くに分布し、世界の熱帯・亜熱帯地域に於いて広く栽培されている。日本では南西諸島と小笠原諸島に自生するが、これらは移入によるとも考えられている。成長は遅いが、高さは一〇~二〇メートルに達する。葉は対生で、長さ一〇~一五センチメートルほどの楕円形で光沢があり(和名の由来)、裏面の葉脈が目立つ。花は直径二~三センチメートル、一〇個前後が総状花序に開く。花弁は白く四つあり、黄色い多数の雄蕊を持ち、芳香がある。果実は径四センチメートルほどの球形の核果で、赤褐色に熟し、大きい種子を一つ持つ。沖縄では見かけのよく似たオトギリソウ科フクギ Garcinia subelliptica とともに防風林として植えられる。観賞用にも栽培されるほか、材は硬く強いので家屋・舟・道具の材料に用いられる。小笠原諸島では「タマナ」の名称で親しまれ、材を用いてカノー(アウト・リガー・カヌー)を造った。種子からは油が採れ、食用にはならないが外用薬や化粧品原料に用いられ、灯火用にもされる。現在はバイオディーゼル燃料に適するとして注目されている(主にウィキの「テリハボク」に拠った)。安部新氏の「小笠原諸島における日本語の方言接触:方言形成と方言意識」(二〇〇六年南方新社刊)によれば、タマナは他に「メールトマナ」「ヒータマナ」とも呼ばれ、これは実は日本語ではなく、英語の“male”・“he”+ハワイ語“kamani”・古代ポリネシア語“tamanu”の合成語(孰れもテリハボクを指すものと思われる)であるらしい。とすれば、小笠原の地方名「タマナ」でパラオで呼ばれていたとすれば、これは逆輸入であるということになる。

「モモタマナ」バラ亜綱フトモモ目 Myrtalesシクンシ科モモタマナ属 Terminalia catappa。マレー半島原産とされる熱帯植物(沖縄や小笠原にも自生)。英名で“tropical almond”とか“Indian almond”と呼び、種子の仁が食用となる。材は硬く良質であるため、建築用材や家具に用いられ、街路樹・庭木・海岸の防風林として植栽される(以上は高橋俊一氏のサイト「世界の植物-植物名の由来-」の「モモタマナ」に拠った)。「(a mȉeh)」はこの木の名の現地音を写したものと思われる。

「攀援類」「攀援」は「はんゑん(えん)」と読み、摑まってよじ登ることをいう。所謂、熱帯に分布するイチジク属や一部の蔓性植物などの俗称である「絞め殺しの木」(Strangler Fig)の植物群を指しているものと思われる。

Khamdǔcle 魚」魚名の現地音を写したものと思われるがすこぶる悔しいことに不詳。せめて何の種類かぐらいで結構なので、是非、識者の御教授を乞うものである!

「ボート・ハウス(diángngel)」これもその現地音を写したものと思われる。

「人魚の炙肉をくふ」哺乳綱カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン Dugong dugon の肉と思われる。ジュゴンは有史以前から、食用・搾油用・皮革用・工芸品としての牙を獲る目的で狩猟の対象とされ、その肉は薬用や媚薬にもなると信じられた。属名や英名“Dugong”はマレー語 “duyung” がフィリピンで使われているタガログ語経由で入ったもので、「海の貴婦人」(lady of the sea)の意味だという(以上はウィキの「ジュゴン」に拠る)。]

« 春の夜や盥を捨る町はづれ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 鶉/雀化蛤 »