フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鶯のあちこちとするや小家がち 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 蚊遣香奇法の事 »

2013/10/29

中島敦 南洋日記 十月二日

        十月二日(木)

 四時クサイ入港、五時食事、六時前上陸、船長その他とレロ島一周。ゴバンの脚の白き花。途中スコールに遭ふ、島民家庭に避ける。七時半乘船、八時半出帆、午後より夜にかけて、やゝ荒氣味、

[やぶちゃん注:「ゴバンの脚の白き花」「ゴバンの脚」が植物名である。常緑高木である双子葉植物綱ツツジ目サガリバナ科サガリバナ属ゴバンノアシ Barringtonia asiatica。和名は、果実が四稜を有して碁盤の脚に似ていることに由来する。インド太平洋の熱帯域の海岸及びマングローブに生育する(日本では八重山諸島にわずかに自生)。花は総状花序で上向きに開花する(同属のサガリバナ Barringtonia racemosa の花はその名の通りに下向きとなる)。花弁は白く、雄蕊が赤く多数あって美しく、目立つ。果実は種子を一個含み、海水に浮いて遠くへ播種され、本邦海岸線にも漂着物として見られることがある。サポニンを主成分とする魚毒性を持ち、毒流し漁に用いられる(ここまでは主にウィキゴバンノアシに拠ったが、非常に分かり易い(何故「碁盤の脚」かという)説明や写真の載る「科学技術研究所」の図鑑のゴバンノアシ(碁盤の脚)も必見である)。]

« 鶯のあちこちとするや小家がち 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 耳嚢 巻之七 蚊遣香奇法の事 »