フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 陽炎や名も知らぬ蟲の白き飛ぶ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 椋鳥 »

2013/10/14

中島敦 南洋日記 九月二十日

        九月二十日(土) 夏島

 五時三十分起床、すでに陽高し、

 九時上陸、郵便投函、高木氏、機關長等と散歩す、到る所、工事工事、切崩し、ハッパ、水兵、島民勞働者、を見る。店頭を見るに物資乏しきに似たり。殊に食料品に於て、しかり。ハッパをかける轟音。巨大なる木綿(カボック)の茂み。潟地に生ふるカントン。(食用となる由)

 十時半歸船。

 Mariana――Maria Anne ( of Austria, 17C. ) 午後三時出帆、

[やぶちゃん注:「巨大なる木綿(カボック)」「ボ」はママ。カポックならば、英名の“Kapok”でアメリカ・アフリカ原産の被子植物門双子葉植物綱アオイ目アオイ科パンヤ科パンヤ亜科セイバ属カポック Ceiba pentandra 、所謂、パンヤ・パンヤノキのことを指すが、「木綿」(キワタ)となると、アジア原産の同じパンヤ亜科キワタ Bombax ceiba ということになる。両者はしばしば混同されるので同定し難いが、ここで敦が「巨大なる」と言っているところから見ると、大樹になると幹の甚だ太い巨木になる前者のカポック Ceiba pentandra のことのようには見える。アメリカ・アフリカ原産(キワタはアジア原産)。アメリカや東南アジアなどで栽培されている。カポックの実から採取される繊維は撥水性に優れ、枕などの詰め物やソフトボールの芯として使われている他、第二次世界大戦中は救命胴衣にも利用されていた(現在も救命胴衣のことをカポックと呼ぶ。但し、本来がこの繊維のことを「カポック」「パンヤ」と呼んだことに基づく命名である。以上はウィキカポック」に拠った)。

「カントン」不詳。広東を冠する植物や根菜はあるが、どうも南洋諸島の潟地に生え(ということは有意に塩分濃度の高い水に適応していると考えられる)、しかも食用になる(ということは一見、食用になるようには見えないことを意味しているようにも思われる)ものとなるとピンとくるものがない。イモの類いのようには思われる。これは「広東」ではなく、現地語の音なのかも知れない。南洋諸島の植物にお詳しい方の御教授を乞うものである。

Mariana――Maria Anne ( of Austria, 17C. )」かく呼ばれた十七世紀に生きた人物は、

神聖ローマ皇帝フェルディナント三世の皇后マリア・アナ・デ・アウストリア(María Ana de Austria 一六〇六年~一六四六年)

バイエルン選帝侯マクシミリアン一世の二度目の妃マリア・アンナ・フォン・エスターライヒ(Maria Anna von Österreich 一六一〇年~一六六五年)

スペイン王フェリペ四世の二度目の王妃マリアナ・デ・アウストリア (Mariana de Austria  一六三四年~一六九六年)

プファルツ選帝侯ヨハン・ヴィルヘルムの最初の妃マリア・アンナ・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ(Maria Anna Josepha von Österreich  一六五四年~一六八九年)

らがいるが、敦が興味を持った女性は事蹟を調べて見ても今一つ、ピンとはこない。]

« 陽炎や名も知らぬ蟲の白き飛ぶ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 椋鳥 »