フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 水鳥や朝飯早き小家がち 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 恋重荷 世阿弥 »

2013/10/01

中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(11) 高橋や國華ホールの前すぎていくよゆきけむ冬のさむよを

高橋や國華ホールの前すぎていくよゆきけむ冬のさむよを

 

[やぶちゃん注:「高橋」東京都中央区八丁堀の亀島川に架かる橋の名。「たかばし」と濁るのが正しい。「中央区郷土史同好会」のちらに、『亀島川に架かり、鍛治橋通りで八丁堀と新川を結ぶ。地区では古くから記録に残っている橋。江戸城と深川を結ぶ道であったと思われる。船舶の出入りが激しかったので、橋台の高い橋、つまり高橋という。赤穂浪士(堀部安兵衛)が泉岳寺への途で渡ったとも言われて』おり、現在の『名前の由来については、亀島川の河口付近に架けられたため船舶の出入りが頻繁で、橋脚の高い橋を架けたことに由来するといわれている。明治』一五(一八八二)年竣工の『鉄製ホイル・トラス橋は、初めて日本人技術者原口要によって設計されたという国産橋であったが、その後の大正八(一九一九)年に長さ四一・八メートル・幅二一・八メートルのRCアーチ橋に架け替えられた、とある。

「國華ホール」呉服の大店だった中島屋呉服店が現在の中央区八丁堀二丁目に持っていた百貨店ビルの中にあった国華ダンスホールのこと。前注同様、「中央区郷土史同好会」のによれば、中島呉服店は東京でも一流の呉服店で、大震災後も多くの呉服屋が廃業転業した中、三階建のビルを建てて中島屋百貨店として開店、昭和七(一九三二)年には、国華商事が四階を建て増しし、一階に私設市場(マーケット)十五店舗、四階に国華ダンスホールなどが入った、とある。このホールは盛時、『ディック・ミネなどが出演したり、モボ・モガ』の格好の遊興場として不夜城の活況を呈していたという(なお、リンク先にはそのころの太宰治関連の記載がある)『戦後まもなくは鉄鋼商社の木下商店(産商)ビルになり、その後倒産して撤退』した。現在の東京建物東八重洲ビルの位置に相当する。]

« 水鳥や朝飯早き小家がち 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 恋重荷 世阿弥 »