フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鬼城句集 秋之部 椋鳥 | トップページ | 白梅や誰が昔より垣の外 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/10/15

狂人の音樂 大手拓次

 狂人の音樂

 

 ぐいぐい曳つぱつてみると、ちやうど眞赤にただれた花がくづれるやうにほかりほかり落ちた。それが今のわたしの、影ばかりを食べてゐる魂の埃だ。野鼠の毛のやうに荒だつてゐながら、また其の外貌にしたしみを持つてゐた。うす白い、すすばんだ埃は強い日光のなかに好んで落ちた。もえ上るほど熱い光線はいよいよ此の怠けた魂の埃を掃きおとす。黄金の無數の破片が一種の、凋落を偲ばせる澁滯調をやりだしたので、魂はこつそりと、ひろい悲しい張幕のかげにかくれた。

 「おい待つてくれ、待つてくれ。」わたしが大空に向けて祈りをささげてゐると、暗い地の底からこんな聲ををりをりきいた。しかし、わたしは他人の干渉などに耳をかす暇はないので、一心をこめて祈りをつづけた。しばらくすると、ひどく混亂したうめきや物音が川の流れのやうに足元にひろがつてゐた。

 

[やぶちゃん注:太字「ほかりほかり」は底本では傍点「ヽ」。]

« 鬼城句集 秋之部 椋鳥 | トップページ | 白梅や誰が昔より垣の外 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »