フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« みづのほとりの姿 大手拓次 | トップページ | 中島敦短歌拾遺(6) 書簡より / 中島敦短歌拾遺 了 »

2013/10/07

春の暮家路に遠き人ばかり 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   春の暮家路に遠き人ばかり

 

 薄暮は迫り、春の日は花に暮れようとするけれども、行路の人は三々五々、各自に何かのロマンチツクな惱みを抱いて、家路に歸らうともしないのである。かうした春の日の光の下で、人間の心に湧いて來るこの不思議な惱み、あこがれ、寂しさ、捉へようもない孤獨感は何だらうか。蕪村はこの悲哀を感ずることで、何人よりも深酷であり、他のすべての俳人等より、ずつと本質的に感じ易い詩人であつた。したがつてまた類想の句が澤山あるので、左にその代表的の句數篇を掲出する。

 

     今日のみの春を歩いて仕舞けり

     歩行歩行もの思ふ春の行衞かな

     まだ長うなる日に春の限りかな

     花に暮て我家遠き野道かな

     行く春や重たき琵琶の抱ごころ

 

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「春の部」より。

「歩行歩行」は「あるきあるき」と読む。

「花に暮て我家遠き野道かな」は底本では「花に寢て我家遠き野道かな」であるが、これは「暮(くれ)て」の誤りであるので訂した。

この『薄暮は迫り、春の日は花に暮れようとするけれども、行路の人は三々五々、各自に何かのロマンチツクな惱みを抱いて、家路に歸らうともしない』という絵はまるでマグリット、いや、デルヴォ―の絵を思わせる慄っとする美しい同じ愁いに沈む顔の人々の群れだ。萩原朔太郎の凄さは発句評釈が本来の評釈から遙かに逸脱して、朔太郎的なシュールレアリスティックなまでにデフォルメされた自己の閉鎖された孤独世界へと読者を無意識に誘うことにある。だからこそ朔太郎は人口に膾炙し、それ故に既に鞏固な形象やイメージが形成されてしまっている虞れの高い蕪村の名句と呼ばれるもの、例えば「行く春や重たき琵琶の抱ごころ」のやうな句を、かくも掲示するに留めているのだと私は思う。]

« みづのほとりの姿 大手拓次 | トップページ | 中島敦短歌拾遺(6) 書簡より / 中島敦短歌拾遺 了 »