フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 水仙や寒き都のここかしこ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 15 石碑・萱葺の家・犂・唐竿・背負い子……ヘビイチゴを食べる »

2013/10/02

中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(12) 妖しの歌群

しつとてふことしりそめしかのとしのクリスマスの夜ゆきふりてゐ

なにしかもちかひすてけむとさよなかをいだきてなきぬかなしとにあらず
[やぶちゃん注:別案として、

なにしかもちかひすてけむとをさとこにいだきてなきぬかなしとにあらず

を復元出来るが、「をさとこに」は意味不明。「長常に」で永くずっとの謂いか? 識者の御教授を乞う。]...

にんげんよかなしかりけりいやはてのちかひすつべきよはもきたり

あひてあはぬいくよへにけむこのちかひいやかしこしとはだもふれずて

あからひくはだもふれじと誓ひけり吾を信ずとふ言のかなしくて

[やぶちゃん注:別案として、

あからひくはだもふれじと思ひけり吾を信ずとふ言のかなしくて

を復元出来る。]

かぜさむきえちぜんぼりのうらまちにわかれしよはもつねわすらえ

[やぶちゃん注:「えちぜんぼり」越前掘。東京駅から南東に一キロメートルほど行った隅田川左岸、現在の中央区新川一・二丁目辺りの旧名。]

みすゞかるしなののをとめふゆくればゆきをこほしむあはれなりけ

みすゞかるしなののをとめふゆくればゆきこほしむをいとほしと思

なれいまだ女にあらじはしきやしながくちのへにちゝのかぞする

[やぶちゃん注:別案として、

なれいまだ女にあらじはしきやしながくちすへばちゝのかぞする

を復元出来る。]

なれいまだ女ならじよ紅く小さきながくちのへはちゝのかぞする

みすゞかるしなの乙女がほゝのへの紅りんごなしつややけきかも

[やぶちゃん注:別案として、

みすゞかるしなの乙女がほゝのへの紅りんごなしつやつやしもよ

を復元出来る。]

ふみ月のひゞやの午後に小雨ふり一つかさして歩みし日はも

あひあひのかさはづかしくわれひとりぬれて行きけるその雨もこひ

[やぶちゃん注:別案として、

あひあひのかさをおもなみわれひとりぬれて行きけるその雨もこひ

を復元出来るが、意味不明。「をももなみ」は「面(おも)も無み」の仮名遣の誤りではなかろうか?]

きりさめのけぶれる中にさきむれしカンナの色も今わすらえず

ふんすいのもとにしてふと止りけり

[やぶちゃん注:ここの上句で途切れている。]

目をとぢし君がまぶたにうす靑く蛇の目の傘のかげさしてゐし

よりそひてあひいだきけりこともなく一つじやのめの傘の中に

[やぶちゃん注:「しつとてふ」以降、ここまで(その前の二首「あによりも」の全平仮名表記と、「高橋や」のロケーションからはこの二首を含んでもよい)、一連のもので、しかのその内容たるや、続いて「危険がアブナい」、謂わば――妖しの歌群――と私は名づけたい(続く歌群は明らかに書き方が異なる)。]

« 水仙や寒き都のここかしこ 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 15 石碑・萱葺の家・犂・唐竿・背負い子……ヘビイチゴを食べる »