フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 愛戀する惡の華 ―逸見亨におくりて― 大手拓次 (やぶちゃん恣意的表示変更版) | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十四日 »

2013/10/18

行く春や白き花見ゆ垣の隙 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

  行く春や白き花見ゆ垣の隙(ひま)

 この句もまた、蕪村らしく明るい靑春性に富んで居る。元來日本文化は、上古の奈良朝時代までは、海外雄飛の建國時代であつた爲、人心が自由で明るく、浪漫的の靑春性に富んで居たのであるが、その後次第に鎖國的となり、人民の自由が束縛された爲、文學の情操も隱遁的、老境的となり、上古萬葉の歌に見るやうな靑春性を無くしてしまつた。特に德川幕府の壓制した江戸時代で、一層これが甚だしく固陋となつた。人々は「さび」や「澁味」や「枯淡」やの老境趣味を愛したけれども、靑空の彼岸に夢をもつやうな、自由の感情と靑春とをなくしてしまつた。しかるに蕪村の俳句だけは、この時代の異例であつて、さうした靑春性を多分に持つて居た。前出した多くの句を見ても解る通り、蕪村の句には「さび」や「澁味」の雅趣がすくなく、却つて靑春的の浪漫感に富んで居る。したがつて彼の詩境は、「俳句的」であるよりも寧ろ「和歌的」であり、上古奈良朝時代の萬葉集や、明治以來の新しい洋風の抒情詩などと、一脈共通するところがあるのである。

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「春の部」より。この見解には大いに賛同する。そうして私が芭蕉に比して今一つ蕪村(の句の印象を摑むこと)を苦手とする理由は正にそこにある(私は俳句を偏愛直感で理解出来るに対し、短歌を読解することに於いてはまず大抵は関心も禅機も働かないのである)と感じている。]

« 愛戀する惡の華 ―逸見亨におくりて― 大手拓次 (やぶちゃん恣意的表示変更版) | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十四日 »