フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(13) 奇体にして妖しき四句体歌 | トップページ | 耳嚢 巻之七 近藤石州英氣の事 »

2013/10/03

中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(14) 最後の決定的な禁断の恋情の哀傷詩篇

  君がつぶらの ひとみ故

  われははるばる 海に來て

  ひねもす君を想ふなり

 

  君が愛しき なさけ故

  われはケビンに よもすがら

  いねもやらずて 嘆くなり

 

  誰が賜ひけむ この傷手

  海の息吹も いやしえじ

  汐の香も 何ならむ

 

  今は面影 偲びつゝ

  沖のみなはと 消えてまし

  君知りまさじ わが想ひ

 

[やぶちゃん注:これらは表記通り、総て二字下げで一頁の中に書かれており、本歌は和歌ではなく、詩想からも四連からなる七五調定型文語詩一篇の体裁を備えている(が、詩想の強烈な連関性から短歌拾遺に採らずんばならず)。なお、第四連は別案として、

 

  君の面影 偲びつゝ

  沖のみなはと 消えてまし

  君知りまさじ わが想ひ

 

を復元出来る。

 この一篇、明らかに前の年、昭和十一(一九三六)年三月下旬の小笠原行をそのロケーションとしているとしか読めない。しかも「君がつぶらの ひとみ」をその恋を懐旧する彼の、詩語として散りばめた「はるばる」「ひねもす」「よもすがら」及び、その恋情の苦悶を表わす「いねもやらずて 嘆くなり」「誰が賜ひけむ この傷手」「今は面影 偲びつゝ」、そして何より「いやしえじ」「何ならむ」「消えてまし」、極めつけの追懐たる「君知りまさじ わが想ひ」という絶唱部が意味するものは、この恋が小笠原行の直近の出来事ではなかったことを意味するものと私は断定するものである。則ち――中島敦の秘かなる禁断の恋は――昭和十年よりも前であることを意味する。しかも彼にそうしたアバンチュールを許し得る状況があったのは――たかと結婚した昭和七年三月以降、妻子を呼び寄せて同居が始まる昭和八年十一月よりも前の一年七ヶ月の間が最も自然である。――しかもその出逢いが以前に示したように、その相手が横浜高等女学校生徒であったと仮定するならば――敦が同校に赴任した昭和八年四月以降同年十月までの約半年間の間(この間、四月二十八日には長男桓が出生している)のめぐり逢いではなかったろうか――と私は深く疑うものである。……この一篇を最後に同手帳には和歌や詩篇の記載はない。……]

« 中島敦短歌拾遺(4) 昭和12(1937)年手帳歌稿草稿群より(13) 奇体にして妖しき四句体歌 | トップページ | 耳嚢 巻之七 近藤石州英氣の事 »