フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春水や四條五條の橋の下 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 僕と妻の那須路弥次喜多道中記 »

2013/10/10

中島敦 南洋日記 九月十六日

九月十六日(火) 晴
 平穩、デッキの寐椅子にまどろめば、身も心も、海天の碧に染むが如し、桓をかかる旅に同伴せば、如何に欣ばましをと思ふ。午後麻雀、夕食後、喫煙室にて談話、十時就寢、
[やぶちゃん注:「桓」長男中島桓(たけし)。当時、満八歳。子煩悩であった敦は彼には実にまめに葉書を送っており、それらが幸いにして全集に再録されている(但し、原本の半数は行方不明)。十二日と十五日に彼に宛てたものを以下に示す(旧全集「書簡Ⅱ」の書簡番号二七及び二八)。
   *
〇九月十二日附

 この間(あひだ)ぼくは、とてもめづらしいものをたべたんだぜ。なんだかあててごらん。
 海にすむものでね、君のしつてるアンデルセンのお話に出てくるものだよ。
 わからなかつたら、お母(かあ)ちやんにおききなさい。さよなら。
   *
〇九月十五日附
[やぶちゃん注:消印はトラック郵便局16・9・22パラオ丸。葉書。太字は底本では傍点「ヽ」(以下、この注は略す)。]

 海はとても靜(しづ)か。
 今甲板(かんぱん)に こしかけながら 書いてゐます、
 さつきから とびうを が 船(ふね)のまはりを しきりにとんでゐます。スーツと海の上に すぢ を引いて くわつそう してから、とびます。なん十びきも一どにとびます。桓に 見せてやりたいな。今、船から少しはなれた所に へんなシツポがあらはれました。大きなシツポです、くぢら かいるか か、なんだか わかりません。Hire   *
 如何にも微笑ましい。ここのところ、敦の禁断の恋人を追ってきた私は。この書簡を電子化しながら何か、ほのぼのとほっとするものを感じた。]

« 春水や四條五條の橋の下 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 僕と妻の那須路弥次喜多道中記 »