フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 13 箱枕 | トップページ | 他人の不幸や失敗 »

2013/10/01

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 14 畳・日本食・郵便屋 附 郵便配達人は三度銃をぶっ放す


M47
図――47

 

 日本の部屋に敷いてある畳に就いては既に書いた。畳は一定の規則に従って敷きつめられる。図47は六枚畳を敷いた部屋を示している。宿屋では畳一枚に客人一人の割合なので、主人としては、一人で部屋全体を占領したがるのみならず、テーブルと椅子とを欲しがる外国人よりも、日本人の方を歓迎する。テーブルや椅子――手に入らぬ時は論外だが――には、いずれも脚に幅の広い板が打ちつけてある。そうでないと畳に穴があいて了う。加ㇾ之、外国人はコックを連れて歩くが、このコックがまた台所で広い場所を取る。日本食に慣れるには中々時間がかかる。日本料理は味も旨味も無いように思われる。お菓子でさえも味に欠けている。私は冷たい牛乳をグーッとやり度くて仕方がなかった。パン一片とバターとでもいい。だが、その他のすべての事が如何にも気持よいので、目下の処食物のことなんぞは考えていない。

 


M48
図―48

 

 我々は東京行きの郵便屋に行きあった。裸の男が、竿のさきに日本の旗を立てた、黒塗の二輪事を引っ張って、全速力で走る。このような男はちょいちょい交代し、馬よりも早い(図48)。

[やぶちゃん注:あまり知られていないが、当時の郵便配達人は拳銃(郵便物保護銃と呼称した)を所持していた。郵政当局は郵便物保護のために「郵便行嚢逓送ノ際郵便物ヲ掠奪シ脚夫ヲ殺傷致候賊徒往々有之」という危険から郵便物を守ることを目的として「短銃取扱規則」という規則を制定、短銃四百丁を明治六(一八七一)年に購入している。なお、この制度がなくなったのは戦後のことであって昭和二四(一九四九)年に逓信省が郵政省と電気通信省に分離された際、郵便物保護銃制度も廃止されたようである。明治六年から数えて実に七十六年目、六十四年前までは(少なくとも制度上は)郵便配達人は拳銃所持が可であったというのは驚きである(個人サイト「いんちきやかた 研究分館」の「郵便物保護銃」に拠ったが、ウィキの「拳銃」には明治六(一八七三)年に『欧州の制度にならってフランス製の回転式拳銃を購入し、配達夫の護身用に用い』たとある。また『これは警察官がサーベルを持つようになる』四年前であったともある。恐るべし!――郵便配達人は三度銃をぶっ放す――という次第……]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 13 箱枕 | トップページ | 他人の不幸や失敗 »