フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 秋の夜を打崩したる咄かな 芭蕉 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十七日 »

2013/10/24

耳嚢 巻之七 齒の痛口中のくづれたる奇法の事

 齒の痛口中のくづれたる奇法の事

 

 柘榴(ざくろ)の皮を水に付てせんじ□、さてあま皮を取て痛(いたむ)所に入置(いれおけ)ば、治する事たんてき也。即效の妙法の由、藥店へ取(とり)に遣(つかは)す。干(ほし)たる柘榴有(あらば)、又下料(げりやう)なる物の由。横田退翁物語り也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:特になし。民間療法シリーズ。

・「柘榴」フトモモ目ミソハギ科ザクロ Punica granatumウィキザクロ」の「薬用の」項の「果皮」には、果皮を乾燥させた石榴果皮(せきりゅうかひ)はその樹皮や根皮と同様の目的で用いられることが多く、中国やヨーロッパでは駆虫薬として用いた。但し、根皮に比べると揮発性アルカロイドの含有量は低く効果も劣る、とあり。また、回虫の駆除に用いられたこともあったようであるが、犬回虫を用いた実験では強い活性はみられなかった、とした上で、『日本や中国では、下痢、下血に対して果皮の煎剤を内服し、口内炎や扁桃炎のうがい薬にも用いられた』 とあって本記載の効能を傍証する。

・「せんじ□」底本には右に『(置カ)』と補注する。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『せんじ含(ふくめ)』とある。この場合の「含む」とは、マ行下二段活用の他動詞で、(水や味を)沁み込ませる、の謂いである。

・「たんてきに」形容動詞「端的なり」の連用形で、まのあたりに起こるさま、たちどころであるさま。

・「横田退翁」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『横田泰翁』とある。本巻の先行する「養生戒歌の事」に既出。そこの鈴木氏注に、『袋翁が正しいらしく、『甲子夜話』『一語一言』ともに袋翁と書いている。甲子夜話によれば、袋翁は萩原宗固に学び、塙保己一と同門であった。宗固は袋翁には和学に進むよう、保己一には和歌の勉強をすすめたのであったが、結果は逆になったという。袋翁は横田氏、孫兵衛といったことは両書ともに共通する。『一宗一言』には詠歌二首が載っている』とある。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 歯の痛みや口中が爛れた際の奇法の事

 

「――柘榴(ざくろ)の皮を水に漬けて煎じておき、後、その甘皮を取り除いて痛む所に詰めおいておけば、治すること、たちどころで御座る。即効の妙法の由なれば、拙者も直ちに薬種屋へ買いに遣わしましたところが、干したる柘榴が御座って、これまた如何にも安きものにて御座ったれば、一つお試しあれ。……」

とは、横田退翁殿の物語りで御座った。

« 秋の夜を打崩したる咄かな 芭蕉 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十七日 »