フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 薔薇の散策 (全) 大手拓次 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月十五日 »

2013/10/09

片町に更紗染むるや春の風 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   片町に更紗(さらさ)染むるや春の風

 

 町の片側に紺屋があつて、店先の往來で現に更紗を染めて居るといふ句であるが、印象としては、既に染めた更紗を、乾燥の爲に往來へ張り出して居ると解すべきであらう。赤や靑やの派手な色をした更紗が、春風の中に艷かしく吹かれて居るこの情景の背後には、如何にも蕪村らしい抒情詩があり、春の日の若い惱みを感ずるところの、ロマネスクの詩情が溢れて居る。

 

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「春の部」より。底本では句の中七は「更紗(さらさ)染めるや」であるが、蕪村の原句で訂した。更紗はインド起源の木綿地の文様染め製品で、本邦では室町以降、明との勘合貿易によって齎され、茶人によって名物裂(めいぶつぎれ)の一種として茶道具の包みや煙草入れなどに用いられ、十七世紀以降は出島貿易で輸入された。安永七(一七七八)年には更紗の図案集成「佐良紗便覧」が刊行されており、茶人や武家などの富裕層に独占されていた更紗が、この時代にはかなり広く普及し始めていたことが窺われ、近世の風俗図屏風などには更紗の衣装を着用した人物が描かれたものが散見される(以上はウィキの「更紗」に拠った)。]

« 薔薇の散策 (全) 大手拓次 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月十五日 »