フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 暗のなかで 大手拓次 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十三日 »

2013/10/17

鶯の鳴くやちいさき口開けて 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   鶯の鳴くやちいさき口開けて

 單純な印象を捉へた、純寫生的の句のやうに思はれる。しかし鶯といふ可憐な小鳥が、眞紅の小さな口を開けて、春光の下に力一杯鳴いてる姿を考へれば、何らかそこにいぢらしい、可憐な、情緒的の想念が感じられる。多分作者は、かうした動物の印象からして、その昔死別れた彼の幼ない可憐な妹(蕪村にさうした妹があつたかどうか、實の傳記としては不明であるが)もしくは昔の小さな戀人を追懷して、思慕と戀愛との交錯した情緒を感じ、悲痛な咏嘆をしたのであらう。前掲の「妹が垣根」や「白梅や」等の句と對比して鑑賞する時、かうした蕪村俳句の共通する抒情味がよく解るのである。

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「春の部」より。死に別れた昔日の妹や恋人を引き出す手腕は、まさに萩原朔太郎の独擅場と言えるが、俳諧の本来の在り方からいうとこれはかなり偏愛的にして変態的な評釈ではある。]

« 暗のなかで 大手拓次 | トップページ | 中島敦 南洋日記 九月二十三日 »