フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 夢中鼠を呑事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 秋大根 »

2013/11/22

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第九章 大学の仕事 11 日本の祭り

M230
図―230
M231
図―231

 今夜、何かの祭礼がある。私は一時間あまりも往来に立って、特に一時的に建設された舞台の上で行われる無言劇を、陽気に見ている群衆を見た。これを楽んでいる問に、色の淡い提灯を持った子供達が車を二台、引張って来た。車は、乱暴に板でつくり上げた粗末な二輪車で、子供ならではやらぬ調子で太鼓を叩き、叫び、笑う子供達で一杯つまっていた。その上部の枠組は、紙の人形、色布、沢山の提灯(ちょうちん)等で、念入りに装飾してあった。車が人波にもまれて過ぎ行く時、私は辛じて、その外見の概念丈を得ることが出来た(図230)。大人も数名、車をしっかりさせる為か、方向をつける為かについて行った。子供が蟻のように群れ、人が皆笑い叫んでいる光景は、まことに爽快であった。日本はたしかに子供の天国である。そして、うれしいことには、この種の集りのどれでも、また如何なる時にでも、大人が一緒になって遊ぶ。小さな子供も、提灯で小さな車をかざり立て、大きな車の真似をしてそれを町中引き廻し、そして彼等のマツリ、即ち祭礼をする。図231は、子供がマツリ車をつくろうとした企てを写生したものであるが、彼等はこれで、あたかも大きな車を引いているのと同様、うれしがっていた。竹竿からさがっている提灯は、非常に奇麗な色の紙で出来ていて、この車を引いて廻ると、すべての物が踊り、そしてビョコピョコ動いた。また、先端に紙を切りぬいてつくつた大きな蝶々をつけた、長い竹竿を持った子供もいた。子供が風に向って走ると、蝶はへらへらするように出来ている(図232)。

M232

図―232

[やぶちゃん注:先の神嘗祭(九月十七日)と次の段の冒頭、「九月二十一日」に挟まれていることが一つのヒントになる。私は祭りが苦手(好きでない。そういう人間も世の中にはいるとごろうじろ)ので如何ともし難く、ネット上の情報から類推するしかないのであるが、まず、冒頭でモースが「私は一時間あまりも往来に立って……群衆を見た」とあることから、宿舎である加賀屋敷(東大敷地内)から程遠くない位置であると推理出来る。そこで本郷周辺の祭礼を調べて見ると、この日時で、山車(だし)が出る(それも子供用のものが出る以上は、本格的な山車が出る)という大きな祭りは、東京大学の敷地北に位置する根津神社の、江戸三大祭の一つとされる九月例大祭神賑(しんしん/かみにぎわい)行事 ではないかと推理した。現在、この祭礼は通常、九月十七日から十八日にかけて行われてもいるからである(明治十年にこの時期に行っていたかどうかは確認出来ない)。私の推理が間違っているならば、祭り好きのお方は直にお分かりになるであろう。ご連絡をお待ち申し上げる。
 なお、この後に一行空けがある。原文でも同様。]

« 耳嚢 巻之七 夢中鼠を呑事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 秋大根 »