フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之八 座頭の頓才にて狼災を遁し事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 杉の實 »

2013/11/29

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 7 元祖肩揉み機 / 紙幣のこと


M253
図―253

 

 先日私は曲げた竹の一端に、大きな木の玉をつけた、奇妙な品を売っているのを見た。どう考えても判らぬので、売っている男にそれが何であるかを聞くと、彼は微笑しながら鸞曲線を肩越しに持ち、それを前後に動して、玉で文字通り自分の背中を叩いて見せた(図253)。このたたくことは、リューマチスにいいとされている。そして私は屢々、小さな子供が両方の拳固で、老人の背中を叩いているのを見る。この簡単な工夫によって、人は自分自身で背中を叩くことが出来、同時にある程度の運動にもなる。

 

 紙幣を出す時、その辺(へり)が極めて僅かでも裂けていると、文句をいわれる。その結果、裂けた紙幣はごく少ししか流通していない。事実、折目の所がちょっと裂けたのを除いては、皆無である。用紙は我々のよりも厚く、もっとすべっこいように思われ、そして幾分よごれはしても必ず無瑕(むきず)で、我国の紙幣のように、すりへらされた不潔な状態を呈したりしない。これは下層民が、紙幣というような額の大きい金銭を取扱わぬからかも知れないが、日本人が奇麗好きだということも、原因しているであろう。

[やぶちゃん注:明治一〇(一八七七)年に一般に流通していた紙幣は「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第二章 日光への旅 3 旅つれづれ」の注を参照されたい。但し、今回調べて見ると、これとは別に明治一〇年当時は「国立銀行紙幣」というものが同時に使用されていたことが分かった。これは政府紙幣の回収と殖産興業資金の供給を図るために、民間に高まった銀行設立の機運に合わせて政府が民間銀行から明治六(一八七三)年八月から発行させた金貨と兌換出来る兌換銀行券を指す。但し、「国立銀行」と言うものの、これはアメリカの制度に倣って明治五年に制定された「国立銀行条例」に基づいて設置された民間銀行を指す。こうした国立銀行は当初四行が設立され、その後明治九(一八七六)年の条例改正により事実上、不換紙幣の発行が認められたことに伴って、銀行数は急増、明治一二(一八七九)年末には全国で百五十三行を数えるに至った。これらの各銀行の発行した国立銀行紙幣は、総て同形式で発行者名のみが異なったものであった。なお、紙幣の原画は日本で作成したが、印刷はアメリカに依頼している。券種は一円・五円・十円・二十円であった。この国立銀行紙幣の部分はChigasaki WS氏のサイト「近現代・日本のお金」の明治(2)」に拠った。リンク先では実際に紙幣の画像や詳細データが見られる。]

« 耳嚢 巻之八 座頭の頓才にて狼災を遁し事 | トップページ | 鬼城句集 秋之部 杉の實 »