フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春 萩原朔太郎 (「春の芽生」初出) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第九章 大学の仕事 7 上野東照宮神嘗祭を真直に見るⅠ »

2013/11/21

中島敦 南洋日記 十月十八日

        十月十八日(土) 曇後雨、

 靖國神社臨時大祭。

 北西離島行オジャンとなりて、すつかり失望、退屈なり。朝例によつて公學校に行き椰子水をのみ、ミクロネシア民族誌を借出す。一日中閲讀。午後少時散歩。

[やぶちゃん注:「靖國神社臨時大祭」靖国神社は明治二(一八六九)年に明治天皇の勅許による軍務官達(後に内務省に人事の所管が移ったが陸軍省及び海軍省が祭事は統括した)により東京招魂社を建てたことを創建とするが、その濫觴は、戊辰戦争終戦後の慶応四(一八六八)年に東征大総督有栖川宮熾仁親王が戦没した官軍(朝廷方)将校の招魂祭を江戸城西丸広間において斎行したり、同年中、太政官布告で京都東山(現在の京都市東山区)に戦死者を祀ることが命ぜられたり(現在の京都霊山護国神社)、京都の河東操錬場において神祇官による嘉永六(一八五三)年以降の殉国者を慰霊する祭典が行われる等の幕末維新期の戦没者を慰霊顕彰する動きが活発化、その為の施設である招魂社創立の動きも各地で起きていたが、それらを背景に大村益次郎が東京に招魂社を創建することを献策した結果の勅許建立であった。後の明治一二(一八七九)年には靖国神社に改称した。「臨時大祭」というのは戦没者の合祀を行う祭儀で、昭和一二(一九三七)年の盧溝橋事件から始まっていた日中戦争の軍属戦没者の合祀であろう。

「北西離島行オジャンとなりて、すつかり失望、退屈なり」敦のそれは公務としてではなく、まさに個人的な南洋幻想に基づく現実逃避の願望でもあったことがはっきりと窺われる。

「ミクロネシア民族誌」松岡静雄著岡書院昭和二(一九二七)年刊。松岡静雄(明治一一(一八七八)年~昭和一一(一九三六)年)は海軍軍人(最終階級海軍大佐)で言語学・民族学者で南洋研究の先覚者。本書は南方民族学研究の優れた著作として、後世高く評価されることとなった。平間洋一氏のサイト内の松岡静南洋研究の先覚者に詳しい(リンク先では生年を明治十二年とされておられるが、人名事典その他ネット上のデータで示した)。]

« 春 萩原朔太郎 (「春の芽生」初出) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第九章 大学の仕事 7 上野東照宮神嘗祭を真直に見るⅠ »