フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 5 家屋や店のこと | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(14) »

2013/11/27

生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 四 芽生 群体類の芽生


Aksanngo


[赤珊瑚の群體]

 

 「ヒドラ」は芽生をしても、子が暫時の後に親から離れ去るから、群體をなすに至らぬが、珊瑚の類などでは出來ただけの個體が皆相繫がつたままで離れぬから、種々の形の大きな群體が出來る。そし群體を支へ各個體を保護するために、石灰質の堅い骨骼を分泌するから、死んだ後まで群體の形はそのまゝに殘る。價の高い裝飾用の赤珊瑚はかやうにして生じた珊瑚蟲の群體の骨骼である。樹木にもそれぞれ枝ぶりに相違がある如く、動物の群體にも芽の出方によって苔狀に擴がるもの、竹のやうに直立するもの、丸い塊になるもの、鳥の羽の形に似たものなどが出來る。赤珊瑚の群體は樹枝狀になつて居るから、珊瑚樹とも書き、昔は西洋の博物學者もこれを植物と思つて居た。概して固着生活を營む動物には芽生によつて群體をつくるものが多い。これは運動する動物とは違つて、數多くの個體が相繫がつて居ても生活上差支が生ぜぬためと、群體をなして居た方が個體の食物の過不及を平均して全體として生存上に利益が多いからであらう。苔蟲類・群生「ほや」類などはかやうな仲間で、到る處の海岸の岩石の表面などに盛に繁茂している。

[やぶちゃん注:「赤珊瑚」刺胞動物門花虫綱八放サンゴ(ウミトサカ)亜綱海楊(ヤギ)目骨軸(石軸/サンゴ)亜目サンゴ科 Paracorallium 属アカサンゴ Paracorallium japonicum。硬く赤い軸骨をもった宝石珊瑚(古来、珊瑚と呼称されたのはこの宝石として使われる珊瑚類に限る)・貴重珊瑚の一種。四国・九州・小笠原諸島付近の水深一〇〇~三〇〇メートルの海底の岩上に着生する。高さ三〇~五〇センチメートルになり、枝を一平面状に出して樹枝状群体を形作る。枝には表と裏とがあり、通常個員のポリプは表側に多く、末端になるほど細かく枝分れしている。外皮は薄く暗赤色でポリプの底部から石灰質小骨片が生じ、これらが炭酸カルシウムによって膠着されて軸骨が形成されている(以上は主に平凡社「世界大百科事典」に拠った)。附図はハレーションのようにとんでしまっているので補正を加えた。

「動物の群體にも芽の出方によって苔狀に擴がるもの、竹のやうに直立するもの、丸い塊になるもの、鳥の羽の形に似たものなどが出來る」代表例を以下に挙げる。なお、以下、画像を視認できるようにリンクを張ったが、群体性動物の場合は視覚的な強烈さを持つものがあるので閲覧には注意を要する)。

「苔狀に擴がるもの」はまさに苔虫で、外肛動物門 Bryozoa のコケムシ類、特に最も目にすることの多い裸喉綱唇口目チゴケムシ科 Watersipora 属チゴケムシ Watersipora suboboideaなどが想起されるが(グーグル画像検索「チゴケムシ」)、実際には外肛動物の群体は山型・扇型・小枝型・球型(後注参照)など様々な形態をとる。

「竹のやうに直立するもの」刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱海楊(ヤギ)目角軸(全軸)亜綱ムチヤギ科ムチヤギEllisella rubra グーグル像検索「ムチヤギ」)やその仲間、同花虫綱海鰓(ウミエラ)目定座(ウミサボテン)亜目ウミサボテン科ウミサボテン Cavernularia obesa の夜間伸長時など(グーグル画像検索「ウミサボテン」)。

「丸い塊になるもの」コケムシの仲間である外肛動物門掩喉(えんこう)綱掩喉目オオマリコケムシ科オオマリコケムシ Pectinatella magnifica は寒天質の驚くべき巨大なボール状を呈する(グーグル画像検索「Pectinatella magnifica」)。

「鳥の羽の形に似たもの」刺胞動物門ヒドロ虫綱花水母目ハネウミヒドラ科ハネウミヒドラ Halocordyle disticha や(グーグル画像検索「ハネウミヒドラ」)、ヒドロ虫綱有鞘(軟クラゲ)目ハネガヤ科 Aglaopheniidaeに属するドングリガヤGymnangium hians・シロガヤ Aglaophenia whiteleggei・クロガヤ Lylocarpia nigra などが私には想起される(グーグル画像検索「Aglaopheniidae)。なお、これらの種は総て、素手で触れると刺され、特にガヤ類はひどい炎症を起こすことがあるので注意が必要である。

『群生「ほや」類』脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱 Ascidiacea に属するホヤの内、例えばマボヤ目イタボヤ科イタボヤ Botrylloides violaceus やその仲間などの群体性ホヤを指す(グーグル画像検索「Botrylloides violaceus)。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚 5 家屋や店のこと | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 21 先哲の詩(14) »