フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春雨や暮れなんとして今日も有 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 蘭の花 »

2013/11/03

梅遠近南すべく北すべく 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

   梅遠近(をちこち)南すべく北すべく

「遠近(をちこち)」といふ語によつて、早春まだ淺く、冬の餘寒が去らない日和を聯想させる。この句でも、前の「春雨や」の句でも、すべて蕪村の特色は、表現が直截明晰であること。曲線的でなくして直線的であり、脂肪質でなくして筋骨質であることである。その爲どこか骨ばつて居り、柔らかさの陰影に缺けるけれども、これがまた長所であつて、他に比類のない印象の鮮明さと、感銘の直接さとを有して居る。思ふに蕪村は、かうした表現の骨法を漢詩から學んで居るのである。古來、日本の歌人や俳人やは、漢詩から多くの者を學んで居り、漢詩の詩想を自家に飜案化して居る人が非常に多い。しかし漢詩の本質的風格とも言ふべき、あの直截で力強い、筋骨質の氣概的表現を學んだ人は殆んど尠ない。多くの歌人や俳人やは、これを日本的趣味性に優美化し、洒脱化して居るのである。日本の文學で、比較的漢詩の本質的風格を學んだ者は、上古に萬葉集の雄健な歌があり、近世に蕪村の俳句があるのみである。
[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「春の部」より。『「春雨や」の句』は底本では『「春雨」やの』であるが誤植と断じて訂した。さて、ここで萩原朔太郎は自分のことをどう思っているのであろうか? 彼は自らを「漢詩の本質的風格を學んだ者」と自負しているのであろうか? でなければ蕪村を語るまい。しかし私は萩原朔太郎がそう胸を張って言えたのかどうか、微妙に留保したい気持ちがある。無論、私は「漢詩の本質的風格を學んだ者」だなどとは言わないことは言うまでもないから、彼が「漢詩の本質的風格を學んだ者」のであるかどうかを云々することは出来ぬことも言うまでもない。それでもこの疑義は有効であると私は信ずるものである。]

« 春雨や暮れなんとして今日も有 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 鬼城句集 秋之部 蘭の花 »