フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 廣庭の牡丹や天の一方に 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 14 隅田川川開き »

2013/11/08

中島敦 南洋日記 十月九日

        十月九日(木)
 早朝より岩邊氏、島民を集め公合堂にて訓辭をなす、夏島竹島への徴發勞働者中、無斷にて逃出し、或ひは、夜、ひそかにカヌーに乘じて歸村する者など多きを戒むるなるべし。目下冬島にはハシカ流行し、その豫後、アミーバ赤痢になる者多く、徴發人夫中には一家悉く病人にて頗る同情すべき者ある由。
 蓋し、各島の如き交番無き所にては公學校長が一箇の小獨裁者として島民に望臨みあるものの如し。
 今日は學校の始業、六時とかにて、教員補その他による授業を觀るを得たり。本科三年のみは本教室を用ふれど、一年二年は假教室、殊に一年の如き、タコの葉にて葺きたる掘立小屋の土間にて授業をなしつゝあり。一年生「タイソウゴツコ」の朗讀。二年生は醫者と母と病兒との對話を二人づつにて行ひゐたり。ス、ズ、を發音し得ざること、東北人の如し。此の地は就學希望者年々五十人位なるも、その半數を收容し得るのみなるを以て、就學し得ざる兒童、自發的に、教科書なしにて、習ひに來るなり。
 朝食後椰子水を飮み、レモンの苗を貰ひヨットに乘込む、八時半出發。十時、夏島着。風餘り多からずして、速力大ならざるも、ボンボン蒸氣の不愉快に優ること萬々。
[やぶちゃん注:二段落目、珍しく公学校長への批判的視線が垣間見え、この日録には全体に現地人への敦のかなり強い同情感が感じられる。「ボンボン」はママ(但し、底本の後半は踊り字「〱」。「萬々」は「ばんばん」で、遙かに程度が良い、の謂い。]

« 廣庭の牡丹や天の一方に 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 14 隅田川川開き »