フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« たちばなの昧爽時や古館 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 16 本草学者伊藤圭介との邂逅/お堀の蓮/日本人の動態物への反応の鈍さ 「第四章 再び東京へ」了 »

2013/11/09

中島敦 南洋日記 十月十日

        十月十日(金) 秋島

 朝、堀君より、七時迄に支廳棧橋へ行くべき旨の電話あり。急いで支度を整へて行く。八時過漸くボンボン蒸氣出發、九時過秋島着。國民學校はこの四月開校せるも未だ校舍なく、公學校の教員室を用ひて授業をなしつゝあり、椰子水を飮んで後。公學校長南氏の授業を見る。一・二・三學年・一教室にての授業なり。二年生のシュウベルなる者、頗る良く出來るかに見ゆ。福山國民學校長宅にて晝食、南氏官舍にて、南・掘氏の尺八合奏を聞く。先きのシュウベルなる兒童は南氏方のボーイなり。暫く語るに、益〻愛すべき少年なるが如し。モートロック(ローソップ)のナマ島の産。兄は今、夏島にて人夫をしつゝありと。炊事、その他に頗る役に立つボーイなり。夕食は再び福山氏宅にて、竹内巡査を加へ五人會食、雞の水炊、良し。福山夫人は福岡のヒトなるべし。ランプ。南氏宅への歸途、南貿店に立寄り、主人の貝類蒐集を見る。頗る見事なり。九時就寢。

 今夜は久しぶりの晴にて、星多し、

 夕方、福山氏、鯵を釣らんとて、生餌の鯖を投網を以て獲らんとすれど、不成功に終る。されど、此の島の附近には、鯵、鯖等多き由。

[やぶちゃん注:「國民學校」本土では昭和一六(一九四一)年三月一日の国民学校令公布、四月一日施行により、従来の小学校が改組されて国民学校が発足、尋常小学校を国民学校初等科(修業年限六年)とし、高等小学校を国民学校高等科(修業年限二年)とした。前に注した通り、当時占領地であった台湾でも同三月に台湾教育令が修正され、公学校・小学校・蕃人公学校を統合して国民学校が改編されているが、南洋庁では主に施設や教員配置の問題からこの改組が順調に行われていなかったことが分かる。

「モートロック(ローソップ)のナマ島」現在のミクロネシア連邦チューク州に属する、チューク・ラグーンの南東五十キロメートルから二百キロメートルにかけて広がるモートロック諸島。因みに、「太平洋諸島センター」の公式サイトのチューク州ウエノ島の同地区に属する「サタワン環礁 Satawan Atoll」の記載によれば、モートロック諸島の最南端にあるサタワン環礁は比較的人口の多い四島と四十五の小島からなっているが、合計面積は五平方キロメートルにも満たないとあり、約五〇〇人が生活している主島サタワン島は、ウエノ島と飛行機またはボートで結ばれている。チューク・ラグーンの島々より以前に西洋との関係が始まったと伝えられており、それだけに人々は訪問者に優しく、飛行機が着くと見知らぬ人のために出迎えたりする。サタワン島と約二百メートルの浅瀬を挟んでいるタ島には三百人が居住しており、二つの島は干潮時には繋がって一つになる。この島には数台の旧日本軍の戦車や零戦が保存されている。また、環礁の中は波が静かで素晴らしい視界をもっていることから、ダイバーたちは多くのウミガメや熱帯魚、サンゴはもちろん時にはイルカと出会える機会もある、とある。]

« たちばなの昧爽時や古館 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第四章 再び東京へ 16 本草学者伊藤圭介との邂逅/お堀の蓮/日本人の動態物への反応の鈍さ 「第四章 再び東京へ」了 »