フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 中島敦 南洋日記 十月十三日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第九章 大学の仕事 4 お雇車夫と女中(車夫の妻)/中国人の靴屋/内国博覧会の浮彫細工 »

2013/11/15

耳嚢 巻之七 古猫奇有事

 古猫奇有事

 石川某親族の元に年久しく飼(かへ)る猫有(あり)しが、或時客ありし時彼(かの)猫其邊を立廻りしに、彼猫は古く飼置(かひおき)給ふ抔物語の席にてい主申けるは、猫は襖抔建付(たてつく)るを明(あく)る者也(なり)、此猫も襖のたて明(あけ)をいたし、此猫もやがて化(ばけ)もいたすべきやといふを聞(きく)客も驚(おどろき)しが、猫てい主の㒵(かほ)をつくづく見て立出(たちいで)しが、其後は何方(いづかた)へ行(ゆき)しや行衞知れず。亭主の言葉的中故(ゆへ)なるべしと語りぬ。

□やぶちゃん注
○前項連関:妖猫奇譚二連発。
・「古猫奇有事」は「こびやうきあること」と読む。
・「石川某」直近二つ前(岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では直前)の「變生男子又女子の事」で中小姓が女に変じた例を挙げる「石川某」と同一人物の様に読める。

■やぶちゃん現代語訳

 古猫(ふるねこ)に奇しきことある事

 石川某(なにがし)の親族の元に、年久しく飼うて御座った猫があったと申す。……
   *
……ある時、客が御座った折り、その猫が主客の座せる座敷近くをうろついて御座ったが、
「この猫は古うから飼(こ)うております猫で御座ってのぅ……」
なんどと、物語の序でに亭主が申しましたは、
「……猫と申すものは、襖なんどを締め切って御座っても、これ、器用に開くるもので御座る。……この猫も襖の開け閉めを人の如く致いて御座る。……いや……この猫もやがては……化けたりも、これ、致すもので御座ろうかのぅ……」
と言うたによって聞いた客も驚いた。
……ところがその時
……うろついて御座った猫が
――ピタ
……と、足を停めた。……
……そうして
……亭主の顔を
……そのまま
――ジッ
……と、見詰めた。……
……暫く致いたかと思うと
――プイ
……と、座敷を出でて行ったと申す。……
……が
……そのまま
……何方(いずかた)へと行ったものやら一向、行衞知れずと相い成ったと申す。
……これは……亭主の言(げん)がまっこと、真実を射たもので御座ったがゆえ、かく姿を隠したもので御座ろう……。
   *
と、石川殿が語って御座った。

« 中島敦 南洋日記 十月十三日 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第九章 大学の仕事 4 お雇車夫と女中(車夫の妻)/中国人の靴屋/内国博覧会の浮彫細工 »