フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鬼城句集 秋之部 コスモス | トップページ | 臨時休業 »

2013/11/24

母 萩原朔太郎

       母

 

 今日の家庭に於て、母は完全の「他人」である。その良人とも、その子供とも、彼等は精神上に別居してゐる。そこで彼等は、その獨りぼつち(アインザーム)を感ずることから(即ち一種の友情からして)しばしば子供等と共感し、子供等の父に叛逆する。一つの家族聯盟から、いつも父だけが取り殘される。父は皆に憎まれる。しかしながら父だけが、今日に於て唯一の責任感を持つてるモラリストである。彼等は自己の敗戰を意識しながら、しかも家族制度の責任者として、人倫の最後の要塞(とりで)を守らうとして苦戰してゐる。父の戰さは悲壯である。

 

[やぶちゃん注:『改造』第十八巻第十一号・昭和一一(一九三六)年十一月号に掲載。太字「父は皆に憎まれる」は底本では傍点「◎」。傍点後、昭和一五(一九四〇)年七月創元社刊のアフォリズム集「港にて」の「個人と社會」に所収された。その際、「戰さ」は「戰」に改められた。

「アインザーム」“einsam”(ドイツ語・形容詞)独りの、孤独な、淋しい、人里離れた、辺鄙な。因みに名詞形ならば“einsamkeit”(アインザームカイト)。

 「母」という標題を掲げながら、朔太郎得意の「父は永遠に悲壮である」ことを語り切るという内容の齟齬が、同時に朔太郎の内実に於ける父なるもの乃至は母なるもののトラウマ(心傷)とスティグマ(聖痕)を見透すことが出来、彼の芥川龍之介に比して如何にも退屈なものが多いアフォリズムの中でも逆に目を引くものだと私は思う。]

« 鬼城句集 秋之部 コスモス | トップページ | 臨時休業 »